明日のモテるを配信中!

【ビッチ図鑑第6回】軽そうな女を演出!スカウト狩りビッチの生態

【ビッチ図鑑第6回】軽そうな女を演出!スカウト狩りビッチの生態

Views 31 January 2018 (更新日:
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。エミチャンカパーナです。
寒い日が続いて、どうしても引きこもりがちになる季節ですね。

こんな季節はビッチもおとなしくしている…はずがありません。
彼女たちは雪が降ろうが槍が降ろうが男性を求めて元気に活動中です。

今回のビッチもそんなアクティブビッチの一人。
少しの暇さえも無駄にせず、賢くビッチ活動を楽しむ多動力ビッチを紹介いたします。

軽そうな女を演出!スカウト狩りビッチの生態

特徴: 少しプリンが目立つ茶髪。童顔で比較的可愛らしい顔をしている。昼間の仕事中は髪は縛り、マスクをしているが、仕事終わりは髪を巻いて濃いめのキャバ嬢風メイクに。
私服は露出度高めのタイトな服。高いヒールを履き、夜の仕事をしている”風”を装っている。

職業:歯医者受付 22歳

縄張り:新宿駅東口階段上から靖国通りまでの約100m

出没頻度:水曜日20時頃

高校卒業後、都内歯医者で受付をして4年目になる彼女。
仕事も淡々とこなし、職場の人間関係も良好。なんらストレスなく生活している。

しかし彼女には一つ悩みがありました。
木曜休みの歯医者勤務である為、友人と休みが合わないのです。
水曜夜に一番飲みたいのに遊んでくれる友達がいない。
そこで彼女は思い付きます。

「そうだ、暇してるくらいなら男とヤろう」

とはいえ仕事終わりで疲れているのに、マッチングアプリを使用したり、ひたすらナンパを待ったりといった回りくどいことはしたくない・・・。
また、ただの暇つぶしなのに逆ナンして無駄に傷つくこともしたくない・・・。

こういう時ビッチの思考回路は早い。
彼女は楽して確実に男性とヤれる方法を編み出しました。

そう、彼女がターゲットに選んだのはまさかのキャバクラや風俗のスカウト。

少し派手な格好をして繁華街を歩けば必ず声を掛けてくれる男性、それがスカウト。
しかも彼らは基本女性側からは無視されることが多い職業。
少し立ち止まって話を聞くと、親切に接してくれる。
こんなに楽に男性と出会えることはありません。

スカウトに声を掛けられそうな派手なメイク、派手な服、高いヒール(かかとはすり減り気味)を装備して、あえて『少し頭が軽そうな女』を演出。
新宿東口の階段を上がり、歌舞伎町方面に数歩歩けば簡単にスカウトは声を掛けてくれます。

声を掛けられたら夜の仕事に興味がある振りをして、詳しく話を聞きたいからと2人飲みに持ち込みます。
彼女が歌舞伎町に着く20時頃はちょうどスカウトも休憩したくなる時間。簡単に飲みに行ってくれます。

そもそも夜の仕事に興味があるていなので、飲みの場ではガンガン下ネタを喋り、飲みまくります。
そうするとこちらの方から誘わなくても、まだこの後も仕事が残っているスカウトの方からもうヤッちゃおうか!という流れになります。

とにかくスカウトは話が早い。
さくっと飲んで、さくっとヤって、さくっとLINE交換して、さくっと解散。
彼女にとっては精神的にも体力的にも負担が少なく、暇つぶしにぴったりです。

そしてスカウトは大量の女性とLINEのやり取りをしているので、交換したLINEはその後既読無視するなりブロックするなりしても責められることはありません。
後腐れもなく一夜限りの関係を楽しむことが出来ます。

毎週同じ時間帯に歌舞伎町に繰り出しているので、そろそろ見かけるスカウトもいつものお馴染のメンバーになりつつある彼女。
身の危険を感じないこともないので、今後は池袋や大宮の繁華街にも遠征をしようとしているそうです。

連載アーカイブ
【ビッチ図鑑第1回】メンヘラはもう古い!新生サブカルビッチの生態
【ビッチ図鑑第2回】キラキラ女子大生の裏の顔!酒豪キラキラビッチの生態
【ビッチ図鑑第3回】誰も知らない裏の顔!カリスマ服飾系クリエイタービッチの生態
【祝!成人】陰キャからの華麗なる性長!成人式サプライズビッチの生態
【ビッチ図鑑第5回】セフレでバンドが組めちゃう! バンギャビッチの生態
【ビッチ図鑑第7回】リア充新卒1年目ビッチのバレンタイン事情

 


ライタープロフィール

【ビッチ図鑑第2回】キラキラ女子大生の裏の顔!酒豪キラキラビッチの生態


エミチャンカパーナ

男子高校生大好き、ジャニヲタOLは過去形で現在は双子のママに。
ジャニヲタと8号車の二足の草鞋

■Twitter
https://twitter.com/kaerita_i

 

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加