明日のモテるを配信中!

【#24時間テレビ 目前! 】#NEWS に学ぶ、逆境こそ味方にする男子力

【#24時間テレビ 目前! 】#NEWS に学ぶ、逆境こそ味方にする男子力

Views 25 August 2016 (更新日:
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、エミチャンカパーナです。

さて夏の終わりの風物詩、24時間テレビの放映がいよいよ今週末に迫ってまいりました。
今年のメインパーソナリティーは2009年以来、2度目のNEWSです!!!!!!!!!やったーーーー!!!!!!!!!!!!

お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、私エミチャンカパーナの“チャンカパーナ”はNEWSの楽曲、『チャンカパーナ』から拝借しております。

そんな私が今だからこそ伝えたい、NEWSの魅力の真髄…それは逆境こそ味方にする力です。
この力こそ、モテたい男子にとっては必須アイテム。この記事でNEWSについて学び、是非修得してください。全男子必読のNEWSの軌跡です!

NEWSの逆境とは

さてところでみなさんは2009年の24時間テレビを覚えていますか?
あの時、NEWSは6人でした。そして番組宣伝ポスターの中心は現在脱退している人類の奇跡こと山下智久さんと錦戸亮さん。現在の4人は中心にいません。

そもそも2003年の結成当初は9人のメンバーが在籍していました。
あのONE OK ROCKのTakaさんもかつてはNEWSです。
しかし結成わずか3か月で学業専念のため脱退したTakaさんを筆頭に、立て続けにメンバー2人の未成年飲酒が発覚。活動休止の後、問題のメンバー2人が脱退、活動再開後も2011年に人気メンバーであった山下さんと錦戸さんが同時脱退。現在の4人のメンバーが残ります。
まるで小学生の算数の問題かのようなメンバーの減り方です。

そう、NEWSはメンバーの過半数が脱退しているというジャニーズの中でも奇妙な運命を辿っているグループなのです。

ここで明らかになるNEWSの逆境をものにする力

現メンバーの小山さんは4人になった当時について雑誌のインタビューでこう語っています。

『めちゃくちゃしんどかったよ。家でソファにふつうに座ってるのに泣いてたりとか、朝起きたらすぐ涙が出てるとか』 (ポポロ/ 麻布台出版/ 2013年6月号)

そりゃ涙が出るのも当たり前です。
色んなことがあり3人が抜け、メンバーが脱退する苦悩も乗り越え、6人で頑張ってきたというのにまた脱退。
本当に酷い話ですが、当時心無い一部の世間からは「苺のないショートケーキ」とまで揶揄されたそうです。

NEWSとは何なのか、存在意義とは、4人で成り立つのか、解散した方がいいのか…不安、怒り、悲しみ、戸惑い、想像を超える相当なストレスを4人は背負うことになります。

しかしここで解散しなかったのがNEWSの強さ。
8か月後、シングル『チャンカパーナ』をリリースし、翌月には約2年振りのコンサートを行い完全復活したのです。
この時のコンサートこそ解散危機という逆境を乗り越えた4人の覚悟の表れでした。

ライブの最後にチャンカパーナのカップリングである『フルスイング』という曲を熱唱したのですが、この曲の歌い出しはこんな歌詞から始まります。

『立ち止まっていたとしたって、ここで終わりじゃなくて、そう何度だって賽を振れ、願いを込めたフルスイングで』

 

 

この歌詞こそが4人のNEWSそのものです。
どんなことがあろうと何度でも立ち上がる、それがNEWSの強さであり、魅力なのです。

そして現在は、4人になる前よりも個々の力に磨きをかけ、確実に成長しています。

もはやアナウンサー兼アイドルと言っても過言では無い小山さんのニュース番組での美しい原稿読み。
忙しいはずなのにコンスタントに面白い小説を書き続ける加藤さんの圧倒的才能。
ジャニーズタブーの恋愛沙汰さえも笑いに変える手越さんの芸人顔負けのバラエティ番組での立ち回り。
ジャニーズのどのグループより可愛いと言われている増田さんのデザインするコンサート衣装のセンス。
一人一人が唯一無二の才能を持ち、NEWSとしていかんなくその才能を発揮しています。
もしかしたらメンバーが減るということがなければここまで現在の4人にスポットライトが当たることはなかったかもしれません。兎にも角にも解散危機という逆境の全てがプラスに働いています。

そして今年は日本の夏の顔とも言える24時間テレビメインパーソナリティーへの復活。
4人のNEWSはついにここまで登りつめました。

逆境こそ味方につけよう

今現在何かに悩んで落ち込んでいる方、まさに逆境真っ最中な方、そんな方はその状況を悲観するのではなく、NEWSのようにその状況を是非味方につけてください。

何事も物は考えようです。解散危機の際、手越さんはインタビューでこんなことを言っています。

『まったく不安はなかったです。(グループ活動を)やる気が無い人を無理にとどめておくのはNEWSとして、NO』(日刊スポーツ/ 2012年6月13日号)

なんとポジティブでプライドのある発言でしょうか。こんなこと、言えますか?

逆境を乗り越えるからこそ男性として一回りもふた回りも大きくなる、
アイドルじゃなくともこの姿勢は是非とも見習うべきではないでしょうか。
ちょっとしたことですぐメンタルがヘラる昨今の男子にはNEWS様様の爪の垢を煎じて飲ませたいです。
これを読んで全国のメンヘラ男子が目を覚ましてくれたら本望です。

弱くて後ろ向きな男子はモテない! 彼女出来ない! 仕事出来ない!
つまり最悪です! NEWSのような強くて前向きな男子に成長しましょう!

 

 

■ライタープロフィール エミチャンカパーナ
【#24時間テレビ 目前! 】#NEWS に学ぶ、逆境こそ味方にする男子力
ジャニヲタをする傍らで、今年から双子の母になる。
現在はジャニヲタと8号車の二足の草鞋
twitter : https://twitter.com/kaerita_i

■コラム

【ビッチ注意報】夏フェスシーズン到来!タイプ別ビッチの特徴

【平成終了目前!?】Hey! Say! JUMPに学ぶモテる平成男子力

■連載アーカイブ
第1回:『暇こそ輝き!ドリンクバーで無謀なチャレンジをする系男子高校生』
第2回:『初々しさがたまらない! 初めてのバイトは本屋系男子高校生』
第3回:『好きな事に一直線! 3DSが手放せないアキバ系男子』
第4回:『無意識のモテ男! 体育会系スイーツ男子』
第5回:『とにかくモテたい! 可愛い勘違い系男子高校生』
第6回:『青春の奴隷! 熱血野球一筋系男子高校生』
第7回:『隠れモテ男! 放送委員の地味系男子高校生』
第8回:『努力はきっと報われる! 予備校通い秀才系男子高校生』
第9回:『休日の裏の顔! ヴィジュアル系大好き男子高校生』
第10回:『目的は下心!サブカル入門系男子高校生』
第11回:『夏の風物詩!部活帰り黒こげ男子高校生』
第12回:『何故君はこっちにいるのか?! ジュノン系イケメンジャニオタ男子高校生』
第13回:『日本を救う通学中の男子高校生』
第14回:『熱き友情!クイズに捧げた若き秀才高校生コンビ』
第15回:『実は育ちがいい疑惑!?ちょいヤンキー風男子高校生』
第16回:『文武両道! 大学病院に突如現れた天使』
第17回:『3年間お疲れさま!部活を引退した野球部のその後』
第18回:『紙一重!おデブな彼が見付けた活路とは』
第19回:『昼下がりのショッピングセンターに出没!傍若無人なフードファイター』

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加