明日のモテるを配信中!

花火大会デートやお祭り前に要チェック!メンズ浴衣の正しい着方とNG例

花火大会デートやお祭り前に要チェック!メンズ浴衣の正しい着方とNG例

Views 29 July 2019 (更新日:
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏デートの定番といえば、花火大会やお祭り。せっかくなら浴衣姿で現れて、彼女や気になる女子をキュンとさせちゃいましょう!

ただ、浴衣は普段着る機会が少ないので、正しい着付けができるか不安な部分もありますよね。今回は、浴衣を正しく着るために覚えておきたい、5つのポイントを解説します!

メンズ浴衣の正しい着方

ポイント1:衿は自分から見て「左」が上

浴衣を着る際に混乱しがちなのが、衿の合わせ方。自分から見て左側を上にするのが正解です。

反対にすると「死人前」といって、縁起の悪い着方になってしまうので要注意!

ポイント2:後ろ衿は首に這わせる

女子の着方をマネすると間違えてしまうのが、後ろ衿。男の場合、首との間に空間を作るのはNGなんです。衿が首に這うように、ピシッと着こなしましょう!

NG例

ポイント3:背中心をまっすぐ合わせる

意外と見落としがちなのが、背中心の位置。ズレているとせっかくの凛々しい浴衣姿も、カッコ悪く見えてしまいます。線がまっすぐ背中の真ん中にくるのが正解。前衿を合わせるときに、鏡で後ろもチェックしておいてください。

NG例▲背中心の位置がずれてだらしなく見える。

ポイント4:帯の位置は腰骨の高さ

帯の位置も、女子の浴衣とは違うので気をつけて! よく見かける高すぎる位置で締めるのはNGです。腰骨の高さがベスト。

足長効果を狙いたい気持ちもわかりますが、浴衣は短足に見えるくらいがカッコいい着こなしなんです。

NG例▲帯が腰よりも高い位置に来てしまっている。

ポイント5:裾はくるぶし丈

裾の長さも、見落としがちなポイント。長すぎる人がチラホラいますが、正解はくるぶし丈です。

逆に短すぎてもカッコ悪いので、足元まで抜かりなくチェックしておきましょう!

NG例▲くるぶしよりも高い位置だとサイズ感を間違えたのかな?と思われる!

浴衣をカッコよく着て夏のデートを満喫しよう!

浴衣の着付けは普段の洋服より難しいですが、せっかくのデートで女子に「だらしない」と思われてしまっては、もったいないですよね。逆にきちんと着ていれば、清潔感があって女子からの好感度も上がります。

大事なポイントを押さえて浴衣をカッコよく着こなし、夏のデートを思いきり楽しみましょう!

あわせて読みたい!

【誰でも簡単】お祭りでモテる!男の浴衣の着方と帯の結び方講座

【花火大会・お祭りデートに!】祭映えヘアアレンジ3選

【大学生に大人気】今話題の韓国発ブランド「OY」の魅力を紹介!

 

ライタープロフィール

【ナンパじゃないよ】SNSで知り合った新入生の女子に話しかける方法オルカ

社会人ライター。大学時代の飲み会のコールは「るんるんるるん るんるんるるんるん るんるんるるん かーおるんるん」(転調して繰り返し)です。

将来の夢は雑学王のお嫁さん!

Twitter

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加