明日のモテるを配信中!

【夏のナンパA to Z】女の子が本当にされたいナンパ@納涼船編

【夏のナンパA to Z】女の子が本当にされたいナンパ@納涼船編

5,203Views 16 August 2016 (更新日:
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なにかが起こりそうな期待に胸が膨らむ季節、夏。テンションも上がり、開放的になるのでナンパにはもってこいな季節です。

今回は、都内在住の女子大生3人に集まってもらい、男の子からされたい夏の理想のナンパやNGなナンパ方法について語ってもらいました。

海・ナイトプールでのナンパについて語っていただきましたが、今日は納涼船編! 夏の納涼船って「ナンパ船」って呼ばれるほどチャラい場所だって知ってました?

納涼船にいる子をナンパするのはイージーモード?!

【夏のナンパA to Z】女の子が本当にされたいナンパ@納涼船編

前回に引き続き座談会に参加してくれたのは、美人キラキラ女子大生のN(手前)さん、イケイケサークルに入ってる新1年生のEさん(左奥)、青文字系の大学4年生Оさん(右奥)の3人。容姿のスペック高めですが、トークは激辛で送りいたします。

ーーまず納涼船ってどんな感じなんですか?

N:船の上でお酒飲んで騒ぐ感じですかね。クラブのピークタイム並みにナンパされます(笑)。

O:そうそう。あと飲み放題だから奢ってあげようか?とか言われないし気楽です。

E:あと納涼船って船の上だから、その揺れのせいですぐ酔っちゃって……。

N:あーそうだよね。だから男がいつもよりキラキラして見えてついて行っちゃうこと多い(笑)。

【夏のナンパA to Z】女の子が本当にされたいナンパ@納涼船編

ーー納涼船は男側からしたら相当イージーモードと(笑)。

O:そうですね。あと、浴衣着てるのってずるい! カッコよく見えちゃう。

E:それ、めっちゃ分かります! 浴衣っていつもの5割増しくらいにみえますよね。思い出してもドキドキするし(笑)。

ーーじゃあ、浴衣は男子も着てきた方がいいですか?

一同:はい、絶対!

N:ってか逆に、浴衣じゃなくて私服で来てるサラリーマンとか何しに来てんの?って感じ。無言のドレスコードだと思ったほうがいいです。

ナンパ後、2軒目に行きやすいのが納涼船

ーーナイトプール編、海編でも聞いたんですけど、終わった後にどこか行こうって言われるのはありですか?

O:ありですね。納涼船は終わる時間が早いし。

E:それにせっかく浴衣着てるからすぐに脱いじゃうのは勿体ないじゃないですか。出来るだけ長い時間着ておきたい。

N:ただ終電で帰してほしいし、その日に何かするってのはあり得ないかなあ。浴衣着てるし(笑)。

ーーなるほど。二軒目に行くのはいいけど、その後はなしと。(笑)

納涼船で大事なのは顔とトーク力

【夏のナンパA to Z】女の子が本当にされたいナンパ@納涼船編
ーーでは納涼船でされたら嬉しいナンパって何かありますか?

E:私は、『さっき~で見てて、話かけようと思ったんだよね』とか言われるといいですね。自分のこと見ててくれたんだなと思って嬉しくなります。

N:すごくベタだけど、『その浴衣可愛いね、似合ってるね』って言われるのが一番嬉しいかなあ。

O:あと、『写真撮ってあげるよ』って言葉自体は嬉しいけど、その後も話したい風にしてて、でもトーク力無くて続かない人はその言葉使うなって思います(笑)

ーートーク力ってほんと大事なんですね。

N:めちゃ大事ですよ。それこそ納涼船って、顔が勝負みたいなところありますから。海とかプールみたいに筋肉とか見えないし、判断するものが顔くらいしかないじゃないですか(笑)。

他の場所みたくおごりっていう方法が効かないからこそ、せめて浴衣で、自分を盛ってきてほしいですね。

夏の納涼船ナンパ要点をまとめました

納涼船にいる子はすぐに酔っているためナンパは簡単

ナンパのしやすさはクラブのピークタイム並み

浴衣は絶対に着ていくべし

納涼船にきてるサラリーマンは引かれる、大学生のほうが好印象

仲良くなって2軒目に誘うのはいいが、その後は期待しないこと

『その浴衣かわいいね、似合ってるね』はマストな言葉

女子に顔で判断されている。イケメンはイージーでも自信ない人はトーク力でカバーしましょう

以上の要件を満たして、納涼船で女の子をナンパする際には役立てましょう! 夏は出会いの季節。みーんな開放的になってるからこそ、ナンパからのワンチャン率もあるでぃ〜?

【夏のナンパA to Z】女の子が本当にされたいナンパ@ナイトプール編

【夏のナンパA to Z】女の子が本当にされたいナンパ@海編

 

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事