明日のモテるを配信中!

【ブレイク☆スルーが突撃取材!】モテない界の師にモテない秘訣を聞いてきたゾ!

【ブレイク☆スルーが突撃取材!】モテない界の師にモテない秘訣を聞いてきたゾ!

28,452Views 14 August 2015 (更新日:
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ブレイク☆スルーが突撃取材!】モテない界の師にモテない秘訣を聞いてきたゾ!
こんにちは、日本一うんこ味のカレーを作っているおぱんぽんです。こんなことをさせるために産んだんじゃない、と母親から泣かれている、女泣かせです。

 

巷ではモテるためのテクニック集が溢れていて、このままではモテる男ばかりしかいなくなり、モテない男は絶滅危惧種になってしまうのではなかろうか。

そんな危機感から今回、モテない人間がモテる人間にモテない秘訣を教えるという、眉唾なインタビュー企画を実施。

ぜひ、これを参考にしてみんなもモテない人間になってほしい。

 

さて、この企画、モテない人間はここにいるので大丈夫だが、肝心のモテる人間を探さないといけない。

そこで、アイドルは絶対にモテるはず!ということで人気アイドルグループ、ブレイク☆スルーの4名に編集長がダメ元で声をかけたところ、勘違いをしたか、夏の暑さでやられてしまったのかで快諾されてしまった。


仕事選ぼうよ!

 

インタビューされた側が記事を書くという、よく分からないことになってるけど、そこは気にしないでいただこう。

ブレイク☆スルー:今日は僕たちに、「モテない秘訣」を教えていただけるという風にうかがったんですが、どれくらいモテないんですか?
【ブレイク☆スルーが突撃取材!】モテない界の師にモテない秘訣を聞いてきたゾ!
おぱんぽん:ふーん。なるほどね。よろしい。君たちみたいな人間でもモテなくさせる方法を特別に教えてあげよう。俺、タレントさんと一緒にイベントプロデュースしたり、PRの仕事とか、ゴールデン街のバーでバーテンしたりとか、肩書きだけ聞くと華やかそうでモテそうな仕事を6年以上やってるんだけど、女性から声を掛けられることもほとんどないくらい、モテないね。

 

ブレイク☆スルー:それはコミュ障とかが原因なのでは・・・?

 

おぱんぽん:あ、あ、あ、う、あ、あ、あ・・・。

【ブレイク☆スルーが突撃取材!】モテない界の師にモテない秘訣を聞いてきたゾ!

ブレイク☆スルー:いきなり核心をつきすぎてすいません!モテないようにするために、これが重要ってこととかあるんですか?

 

おぱんぽん:その前にまず、モテないようにするには人に嫌われることをすればいいという短絡的な考えを持ってる人がいるので言っておきたいんだけど、嫌われることをするのは、ただの人間のクズなので、モテない道に反するから。そこは注意するように。

さて、モテないための重要な要素が3つあって、まず1つ目が美容院に行っても美容師に声をかけられない、トークが弾まないこと。これはどういうことかというと、話術の得意な人の多い美容師ですらも話かけづらい感じや、会話が盛り上がる感じがしないというのがオーラとして出ているという状態なので。そんな状態だと男女の集まりとかがあっても、初対面の女性に声をかけられたりとかもないんよ。

2つ目がコミュ障だということ。これはもう致命的。

そして3つ目が一番重要だけど、外に出ない、ということ。これ!

この、出会いを作らない、声もかけられない、盛り上がれない、という「非モテ三原則」を守れば、あらゆる段階でも成功しないようになり、確実にモテません。俺が言うから間違いない。

 

ブレイク☆スルー:こんなこと勉強したくないですが、勉強になります!!コミュ障なのによく6年もバーとか続けられますね。

 

おぱんぽん:酒の力を借りてます(キリッ!

【ブレイク☆スルーが突撃取材!】モテない界の師にモテない秘訣を聞いてきたゾ!

ブレイク☆スルー:でも、色々やられているから活動とかに興味持たれて連絡もらったり、バーに来てくれて会ったり、とかはないんですか?
おぱんぽん:ごくごく稀だけど、あるね。大概はねずみ講の勧誘だけどね。さて、こういう逆アプローチの状態で重要なのが、「逆ギャップ理論」。SNSやイベントでの印象で興味持って会おうと思ってくれた人は、会うと必ず、全然普通じゃねーか!とがっかりされて1回きりで終了する。俺、ネット上ではくだらない事をやったり、言ったり、下ネタ言いまくるけど、リアルだとまったくなんで。ネットとリアルとで悪い意味でのギャップがあると、モテなくなれるね。

だからSNSのモテないための活用方法としては、リアルのマイナスな部分を逆転させたキャラになりましょう!

 

ブレイク☆スルー:なるほど。先ほど聞いた、モテないために重要なことは先天的な要素が強いと思うんですが、誰でもできて、おぱんぽんさんがモテないために日ごろから気をつけてやってることってありますか?

 

おぱんぽん:モテたい、モテたい、と常に言うことだね。モテたいとか言ってる人間は、いつでも気軽に誘ってくれても大丈夫だよ、とか俺はハードル低いよ、とかアピールしてるように思ってるだろうけど、どこか欠陥のある人間だなとか、こんな需要のない人間と付き合うのは私のレベルも下がるのと同じって思われるだけだから。自分の価値をわざわざ下げてるようなものなんで、もれなく自分のようにモテない道を邁進するね。

 

ブレイク☆スルー:なるほど、そこまでちゃんと分かってやってるんですね!ところで、婚活サイトとかはやってますか?

 

おぱんぽん:登録したけど空振りしまくり。野球ならもう、何度も完全試合されてる。婚活サイトって真剣な交際目的でみんな登録してるから、求める相手もきちんとした人を求めるじゃない。なのに、自分の場合、安定した会社員でもないし、外見も良くないから逆転を狙うためには個性的な方がいいと勘違いした結果、正直に自分らしさをアピールして、コンドームごはんという料理本を出して世界で話題にさせたプロデュース能力がある、とかダッチワイフと日本縦断マラソンしたくらいにアクティブで運動が好き、白米だけで1ヶ月生活するくらいのグルメ家、とか書いたわけよ。

でも、これってどう考えてもふざけてるように見えるし、見世物小屋の見世物みたいに思われるだけでどうしようもない。どうしたらいいんだ、どうしたら結婚できるのか教えてほしい。教えておくれよぉぉぉ。

 

ブレイク☆スルー:スルーしますね!! では、モテないことで得したことってあります?

 

おぱんぽん:交際費がかからないんで金がかからんことかな。あと、同性からの絶大な信頼感を得られる。こいつは女性から狙われないし、取りもしない、という信頼感で同性から嫌われない。でも、それだけ・・・。

 

ブレイク☆スルー:僕らは普通にモテてしまうんですけど、僕らみたいな人間でもどうすればモテなくなりますかね?

 

おぱんぽん:あらゆる会話に反原発的な要素を盛りこめばいいんじゃないかな。

【ブレイク☆スルーが突撃取材!】モテない界の師にモテない秘訣を聞いてきたゾ!

ブレイク☆スルー:最後に、これからモテたくないと思ってる人へアドバイスをお願いします!!

 

おぱんぽん:一度踏み入れたら、這い上がれない生き方になると思うので、共に来世で頑張りましょう。

 

ブレイク☆スルー:おぱんぽんさんは、本当はモテたいんですか?

 

おぱんぽん:モテたいです。

 

 

インタビューを終えて、言いたいことはモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたいモテたい。

現場からは以上です。

■アーティストプロフィール

ブレイク☆スルー
【ブレイク☆スルーが突撃取材!】モテない界の師にモテない秘訣を聞いてきたゾ!
結成2年目!歌う踊る全力で笑いも取る!欲張りな4人組コミカルダンス&ボーカルユニット!ブレイク☆スルー。

昨年、発売した1stシングルはオリコン週間インディーズランキング1位獲得。

2014年12月にZepp六本木ブルーシアターで開催された結成1周年のライブでは会場を満員にし多くのファンを魅了した。

そんなブレイク☆スルーが2015年初のnewシングル『とりあえず聴いて下さいorz』を4/29にリリースし、オリコン週間インディーズランキング1位を獲得。

この楽曲はキャッチーなリズムで耳に残り、一度聞くと頭から離れない中毒性を演出しています。さらにコミカルな振り付けで見ているだけで、一緒に踊らずにはいられない楽曲となっています。

公式サイト:http://www.break-through.jp
公式ブログ:http://ameblo.jp/brethrough/
公式Twitter:@brethrough

 

■ブレイク☆スルーからのお知らせ
自身初のハロウィーン楽曲!みんなで盛り上がること間違いなしのパーティー
チューン!今年のハロウィーンはこの曲で決まりだ!

8〜10月にかけて全国で無料リリースイベントが決定!

詳細はこちら↓↓
http://www.break-through.jp/archives/1250/

■ライタープロフィール

おぱんぽん
【ブレイク☆スルーが突撃取材!】モテない界の師にモテない秘訣を聞いてきたゾ!七夕の短冊をコンドームで代用する畜生な33歳。座右の銘は今日やることは来世でやる。

Twitter:@opanpon

 

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事