明日のモテるを配信中!

ひとり暮らしの家計簿大暴露!デート代や飲み代、みんなの収支は?

ひとり暮らしの家計簿大暴露!デート代や飲み代、みんなの収支は?

Views
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学生は飲み会&交際費、毎日の通学のための服代など、なんだか金が掛かりそうな印象ですよね…。しかも、ひとり暮らしを始めるとしたら、生活費までかかってくる。「金がねえ」が口癖の大学生、余裕を持って大学生活をエンジョイするためには、果たしてどのくらいのお金がかかるのでしょうか?

ということで今回は、男子大学生に「1ヶ月の家計簿」をつけてもらいました。金銭感覚のズレから金を借りまくって疎遠になる学生もいるので、家計簿を参考に使うお金は先に逆算しておきましょう。

ひとり暮らしの大学生の家計簿大暴露!

ゆるいサークルなら自由に使えるお金が増える


まずは横浜住みひとり暮らし・都内大学通い・ゆるいバスケサークル所属のアキラくんの場合。早速家計簿を見せてもらいましょう。

*出費
家賃…51,000円
交通費…30,000円
光熱費、水道代…8,000円
インターネット、スマホ代…4,000円
食費 …30,000円
飲み代…10,000円
デート代…20,000円
本、漫画など趣味費…10,000円
服代…40,000円
*収入
奨学金…80,000円
バイト代…100,000円


アキラくん「僕は学校から少し離れたところに住んで、家賃を下げたのですが、そのぶん交通費がかかったような気がしていて、今考えたら大学の近くに住めばよかったなあと思っています…。

基本的にいつも貯金とかはないのですが、人からお金を借りたことはありません。長く付き合っている年下の彼女がいるので、デートの時の飲食代と、服が好きなのでけっこう買ってしまうのが出費の原因…。

バイトは古着屋なのでまかないなどがなく、自炊しないので食費もけっこうかかっていたかも。でもサークルはゆるかったので、他のサークルの子と比べると飲み代はかかりませんでした」

どちらかといえば落ち着いた生活を送っているアキラくんは、飲み代がかからない分服代にお金を振っているようですね。バイトは週4ということなので、わりと働いているほうかも。

インカレサークルだとどうしても飲み代が家計を圧迫…!


次は都内住み、インカレサー所属のユウくんの場合です。

*出費
家賃…60,000円
交通費 …5,000円
光熱費…5,000円
インターネット代…家賃に込み
食費、飲み代…80,000円
服代…10,000円
ラブホやワンチャンなどの女遊び代…20,000円
*収入
奨学金…100,000円
バイト代…70,000円


ユウくん「もう気づいたら酒に金が溶けてることが多すぎて!! 家にあまり帰らないのと、大学の近くに住んでいるので光熱費とか交通費はあんまりかかりませんでした。

でも財布も何回か無くしてるし、朝起きたらなぜかラブホにいるなどの”想定外の出費”で、削らざるを得なくなってくるのは服代とか、光熱費を1ヶ月払えなくなるとか、そういうところでしたね。

彼女ができても、デート代とかにあまりお金をかける余裕はなかったです…。居酒屋バイトしてたので、週3でもまあまあバイト代をもらっていましたが、ピンチの時は友達にけっこうお金も借りてます…」

想像どおりの出費(笑)! 賃貸によってはインターネット代がタダなのは、けっこう助かるかも。タダなら未払いで止まるようなことにはなりませんしね。飲み代は月によるようですが、お財布にお金が入っていると、朝起きた時には全くなくなっているとのことです。お酒、怖い。

文化系サークルは趣味代がかかる!? インドア派はゲーム課金も注意


次は23区外住み、軽音サークルのタケオくんです。

*出費
家賃…45,000円
光熱費…7,000円
交通費… 7,000円
食費、飲み代… 20,000円
サークル代(スタジオ費)、ギターの機材代…20,000円
ゲーム課金…30,000円
服代…20,000円
デート代…5,000円
*収入
奨学金…70,000円
バイト代…50,000円
麻雀代…5,000円


タケオくん「インドア派なので、家にいることがほとんど。飲みも基本宅飲みなので、あまりかかりません。

使うのは軽音サークルの練習に使うスタジオ代や、機材を買う時にけっこう大きな出費があることと、ゲームが大好きなのでそこに課金しちゃうか、ですね…。一番怖いのはゲーム課金で、気づくと新しい武器のためにめちゃ課金してるので、そういう時は服代を削ります。

あとは付き合っている子はサークルの子なので、あまり遠出のデートなどがなく、そこにお金を使わないで済むのは助かりましたね。麻雀が強かったので、それが軽いお小遣い稼ぎになってますね(←違法です) バイトはゆるっと、最寄りで塾講師をしてました」

文化系のサークルや趣味があると、どうしても趣味代がかかってくるよう。また、インドア派の人はゲーム課金のしすぎにも注意が必要です。

衣>食>住!飲み代には気をつけろ!


学生に話を聞いてみると、都内でひとり暮らしするなら、奨学金やバイト代を合わせても最低15万円くらいは欲しいところ。

そして交際費や趣味代にお金を使いすぎた時に、真っ先に我慢を強いられるのは服代! 家賃や光熱費は削りようがないところなので、結局は採算をとるために、自分にかけるお金を少なくするしかないんです。

気づいたら使ってしまうのはやはり交際費や趣味費。好きに使っているとすぐに家計を圧迫してしまいます。現金をあまり持たないようにする、など工夫しても良さそうですが、逆にカードを切りすぎて払いきれず、消費者金融や学生ローンへ…なんてことにはならないようにしてくださいね!

服代も月に最低10,000円くらいはかけたいところ。オシャレに大学生活を楽しむなら、非生産的な飲み会をしない、考えなくスマホゲームに課金しすぎないなど強い意志が必要です。

 

 

あわせて読みたい!

みんなは何にお金を使ってる?大学生の支出ベスト3

【急な出費にも安心!】お金に困らないために!貯金のススメ

ちょっと待て!そのローン本当に大丈夫? 地獄を見るかもしれないお金の怖い話。

 

ライタープロフィール

嘘から出た誠…!?「LINE誤爆」を装って女子の気持ちを確かめろ!ミクニシオリ
サブカル屁理屈ライターです。前職は広告代理店営業、フットワークはめちゃめちゃ軽いです。
25歳ライター女に調べて欲しいこと、やって欲しいこと、言ってほしいこと、相談など、TwitterのDMからバシバシリクエスト下さい。スパムも出会い厨も返信率200%です☆Twitter

関連するキーワード

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加