明日のモテるを配信中!

【エルレ復活】エルレ世代もそうじゃない君も今、聴くべきおすすめバンド7選

【エルレ復活】エルレ世代もそうじゃない君も今、聴くべきおすすめバンド7選

Views
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ライターのミクニシオリです。
先月、あるニュースがSNSを騒がせていましたが皆さんご存知ですか?

若者もアラサーも音楽好きもそうでない人も、愛してやまない伝説の邦楽ロックバンド「ELLEGARDEN」がまさかの電撃復活! 長い沈黙を破り、8月から10年ぶりにライブツアーをするとのこと。これに対しTwitterでは多くの喜びの反応が!

「エルレ復活まじか〜!」
「ライブ絶対行く!」

などと「お前エルレ好きなんて言ってことあったか?」というやつまで大騒ぎして、日本中がELLEGARDENの復活を喜んでいます。

http://ellegarden.jp/top/

さて、そんなELLEGARDENの復活ライブに備えてエルレのフルアルバムを延々リピート…はこの10年でしすぎたと思うので、今回はそんなエルレ好きに捧げる「今聴いておきたい!エルレ好きが聴くべきバンド」を紹介します。

疾走感が超気持ちいい「SHANK(シャンク)」

「エルレのあの疾走感のある英語の曲が好きだったんだよ〜!」という方におすすめしたいバンド「SHANK」。

space sonicのようなサビの盛り上がる曲が好きという方にもぐっとくるものがあると思います。BPM早めのサウンドと疾走感のあるギターがエルレ好きにジャストフィット! 細美武士とはまた違うけれど、特徴的で存在感のあるボーカルの声にも注目です。

ストレートな日本詞が好きだったあなたに「FOMARE(フォマレ)」

「スターフィッシュのあのストレートでエモい歌詞が大好きだった…!」というあなたにおすすめしたいのがこの「FOMARE」というバンド。

どの曲もまっすぐな歌詞に胸打たれます。小難しいことを言われるよりストレートな歌詞が心に響くんだ!という方はぜひ聴いてみてください。

青春感のある曲が好きだったなら…「SUPER BEAVER(スーパービーバー)」

Missingが好きだったという方、あの青春の迷いを断ち切るような爽快感はエルレでしか得られない…と思ってましたか? 「SUPER BEAVER」の体当たりなまっすぐさのある歌詞と、こぶしの効いたボーカルの歌い方は、通学中や通勤中の憂鬱な気持ちもふっと気持ちよく吹き飛ばしてくれそう。

ライブの臨場感が好きなら…「BLUE ENCOUNT(ブルーエンカウント)」

アニメのタイアップなどにもなっている「BLUE ENCOUNT」、略してブルエン。

ソリッドなギターサウンドと、エモーショナルなボーカルが特徴のバンドです。「ライブで音楽を聴くのがが好き!」という方におすすめのバンドです。

名言連発のエルレボーカル細美武士に負けず劣らず、ライブでのアツいMCが定評を得ているブルエン。泣きながら感情のままに発せられるMCに会場も大号泣、汗と涙の一体感に包まれまくります。

ライブ好きはぜひ一度ブルエンのライブを見に行って見てほしい!

細美武士の高くてかっこいい声質が好きだったなら「Track`s(トラックス)」

エルレといえば特徴的なのは、細美武士のあの高音で歌い上げられるメロディ。

「俺もあんな高音でかっこよく歌ってみたい!」とカラオケで「The Autumn Song」を入れて自爆している男子をよく見ます。そんな細美的高音ボイスに憧れる君に聴いて欲しいのがこの「Track`s」というバンド。

疾走感のあるメロディと、やはり注目なのがこの美しい高音ボイス!ドライブ中に流すと思わずアクセルを踏み込んでしまいそうな爽快感があります。

ネクストバズに期待!「BAN’S ENCOUNTER(バンズエンカウンター)」

YouTubeの再生回数5万回。これから伸びを見せて来そうなネクストバズも知っておきたい! というあなたにおすすめなのがこの「BAN’S ENCOUNTER」。

エルレのストレートな「王道かっこいい感」が好きな方におすすめなバンドです。
シンプルなギターサウンドに響くボーカルの声、ストレートでアツい歌詞は王道サウンド好き必聴です。

洋楽好きな細美武士のルーツを知る「weezer(ウィーザー)」

帰国子女である細美武士は洋楽好きであることを公言しています。

そんな細美武士が「一番影響を受けたと言っても過言ではない」と語り、100年後にも残っていて欲しい曲としてセレクトしている「weezer」。

世界に名立たる有名バンドであり、細美武士が作る曲の中には「weezer意識してね?」とファンの中で騒がれるものがあったり、細美のDJプレイの中でもよく登場したりしているので、抑えておいて損はなさそうです。

YouTubeやApple Musicの関連音楽も参考にしてみて

好きな音楽を探したい時、YouTubeやApple Musicなどを使うと思いますが、最近は関連動画や「その音楽を聴いている人におすすめ」などの項目の精度が高いので参考にしてみてください。

YouTubeでエルレの好きな曲を聴いたあと、動画を垂れ流しにしておくと、いつの間にか流れてきた関連動画が好みどストライク!なんて素敵な出会いもあるかも?

今回は紹介しませんでしたが、エルレ活休中のメンバーがそれぞれやっていたバンド「the HIATUS 」「MONOEYES」「NICO Touches the Walls」などをチェックしておくのもいいかも。

今年は夏フェスなどでエルレが見られる可能性もなきにしもあらずのような気がするので、夏までに他に好きなバンドが見つかっていると、二重に夏フェスを満喫できるかもしれませんよ!

あわせて読みたい!

今年こそは夏フェス参戦! 彼女や友達と行きたい音楽フェス2018

【何故クズでもモテるの?】バンドマンがモテる理由をライブキッズ女子会で考えた

【次のBUMP OF CHIKENは誰だ!】ネクストブレイク期待のロックバンド

 

ライタープロフィール

ミクニシオリ
サブカル屁理屈ライターです。前職は広告代理店営業、フットワークはめちゃめちゃ軽いです。
25歳ライター女に調べて欲しいこと、やって欲しいこと、言ってほしいこと、相談など、TwitterのDMからバシバシリクエスト下さい。スパムも出会い厨も返信率200%です☆
Twitter

関連するキーワード

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加