明日のモテるを配信中!

【学生必見!】格安SIMって実際お得で便利なの?

【学生必見!】格安SIMって実際お得で便利なの?

Views
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Sim_2参照元:http://www.emerce.nl

なにかと話題の格安SIMですが、「実際安くなるの?」、「ちゃんと使えるの?」と学生が気になるのはコスパと利便性について。今回は知っておくと便利なSIMの基本的な知識の紹介をしたいと思います。

SIMカードとは

まず、SIMカードとは、携帯やスマートフォンに入っている情報カードのことです。
これがあることによって、みなさんはインターネットに接続したり、電話ができるようになっています。
機種変更をしたあとや、解約したあとに携帯やスマホが使えないのは当たり前ですよね?
それはこのSIMカードが有効になっていないからです。

なぜ格安なのか

次になぜ、格安なのか。
これには理由が様々ありますが、特徴は以下になります。

1. 通信スピードが遅い。(128kbps)
2. 電話回線がついてない。
3. 利用できる容量がすくない。

以上の3点になります。

安いには安いだけの理由があるってことですね。

一つ一つを細かく説明したいのですが、今回は1だけ説明したいと思います。

1の通信スピードとは、スマホのダウンロードスピード(下り)やアップロードスピード(上り)のことを指します。
スピードが速ければ速いほど、インターネットはサクサクでき、動画などもストレスなく閲覧することができます。

ちなみに各通信会社の下りは

・au 150Mbps
・docomo 225Mbps
・SoftBank 165Mbps

となっております。

みなさんはスマホで通信制限にかかったことはありますか?
通信制限とは、インターネットを見すぎたり動画を見たりするとかかってしまう制限のことです。

月間7GBまで使い放題などの表記をみたことがある方がほとんどだと思いますが、この7GBという容量を使ってしまうと通信スピードは下がってしまいます。
ちなみに1Mbpsは1024kbpsなので、docomoで通信制限がかかると1858分の1くらいのスピードになってしまうということなのです。

さて、本題に戻りましょう。

1の通信スピードが遅いとは、この制限にずーっとかかったまま使い続けるということです。

動画はおろか、ネットサーフィンすらままならないスピードなので、もちろんラインなどのSNSも使い物にならないレベルです。

どんな人にオススメかというと、携帯を使わない人になってしまいます。
そもそもスマホを使っているということは、携帯をある程度使う方がほとんどだと思うので、この1の通信スピードの遅いSIMカードはオススメできません。

最近では下り256kbpsのカードも発売しているので、それならラインくらいならばできるかもしれませんが…

今回はここまで!

次回はMTRL的オススメ格安SIMの紹介もかねて詳しく説明したいと思います!

Sim_1画像参照元: https://www.bibispy.com/

■あわせて読みたい!
→【2015年 夏】最新スマホ機種の選び方!〜スペック編〜|MTRL(マテリアル) http://mtrl.tokyo/howto/5651

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加