明日のモテるを配信中!

【拝啓、土俵の下のブスたちへ】悪口まみれの女たちを妹尾ユウカが斬る!

【拝啓、土俵の下のブスたちへ】悪口まみれの女たちを妹尾ユウカが斬る!

482,066Views 17 March 2016 (更新日:
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、妹尾ユウカです。

唐突ですが、みなさんの周りにダイエットやメイクによる「容姿の変貌」にやたら敏感なブスっていませんか?

私の場合、中学3年生の頃は横綱系女子でした。

【拝啓、土俵の下のブスたちへ】悪口まみれの女たちを妹尾ユウカが斬る!▲コンプレックスがある頃の妹尾さん(中学3年生当時)

しかし、高校入学とほぼ同時に14kgの減量に成功しコカ・コーラの瓶ボディをGET!!

【拝啓、土俵の下のブスたちへ】悪口まみれの女たちを妹尾ユウカが斬る!▲コカ・コーラの瓶ボディとなった現在の妹尾さん

その際、体型はもちろん顔つきも変わりました。
そのせいか、中学の同級生に会うと「あいつ整形したよな」「全然顔違うし」と、ダイエットやメイクで努力をした私に対して、文句が尽きないんですよね。
私は、コンプレックスを取り除けて、本人が前向きな性格になるのであれば、ダイエットはもちろん、整形をしてもコスパがいいと思うんです。(ま、整形はしてないんですけど。)

それに、10代後半以降の知人に、昔の写真を見られる機会なんて滅多にないじゃないですか。

これからを生きていくのに、「昔ブスだった」と「今どれだけ可愛いか」
男性はどちらを重要視するでしょうか?

なぜ、批判族(彼女たち(ブス))は努力した子に対して、あんなにも過敏なのか。

 

答えは、「置いていかれた」という焦りと嫉妬心にあるのでしょう。
昔は同じ土俵(ブスカテゴリー)にいたのに、どちらかが急に可愛くなってしまうと優劣を感じて勝手に妬みだす。女って、そういう生き物。
その事実を認めたくなくて、精一杯の反撃が”批判すること”なんでしょうね。だからこそいつまでもブスカテゴリーから脱却できないわけですよ。

そもそも自分たちが批判される土俵にも上がっていないくせに、人を批判をするのは「他人を批判することが目的化してる」からですよね。
批判することが目的化してる彼女達は何をしても批判するわけです。

私がブスだと「あの子ブスだよね」少し可愛らしくなれば「あいつ整形じゃない?」ってね。何したって指さされるんなら、少しでもモテなきゃ損だわ、ホント。

 

他人に「ブス」といっても、あなたが美人になるわけじゃないのに。その一瞬一秒たりとて無駄にせず、自己投資に費やすべきだわ。
いつまでもそのブスポジション(通称:ブスポジ)のまま生きていくつもりなんだろうな、と思うと私は心が痛いですよ。ま、レベルの低い話なんですが。

 

【拝啓、土俵の下のブスたちへ】悪口まみれの女たちを妹尾ユウカが斬る!

妹尾ユウカ(せのお ゆうか)

Gカップの19歳

 

 

■Twitter
https://twitter.com/yuka_seno

■instagram
https://www.instagram.com/yuka_seno/

アーカイブ
【夢の跡】人気のリムジンパーティーの理想と現実?! 妹尾ユウカが斬る!

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事