明日のモテるを配信中!

【銀岩塩】井上正大 × 岩田有弘 特別対談:前編

【銀岩塩】井上正大 × 岩田有弘 特別対談:前編

1,300Views
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【銀岩塩】井上正大 × 岩田有弘 特別対談:前編

演劇の甲子園と言われる「本多劇場」にて公演される新劇団「銀岩塩」

MTRLではデビューオーデションに引き続き、演劇集団「銀岩塩」代表の岩田有弘さんと、主演を務める井上正大さんの特別対談をお届けします。

舞台づくりの裏側や普段語られないそれぞれの想いを熱く語ってもらいました。

ずっと一緒に芝居がしたかった

―:今回「銀岩塩」という劇団を立ち上げて、舞台を行うわけですが、お二人の出会いを教えてもらえますか?

井上正大(以下 井):『DAY IN A SUN』っていう朗読劇の芝居が出会いですね。岩田さんとは別の組でしたが、稽古が一緒で初めてお会いしました。

岩田有弘(以下 岩):そこでの共演はあったけど、実際に舞台の上ではないよね?
お互いが稽古をする様子を見ていたり、芝居を見る機会はすごくあって、一緒にやるよりそこで会うことのほうが多かったね。だから「正大くんはこういう芝居するんだ」って興味は、共演前からずっと湧いていました。共演してからは、ライブでよく会ったりしていましたよ。

井:そうですね。僕も岩田さんの舞台を見に行っていましたね。
岩:共演後はずっと頭の片隅に「正大くんと芝居したいなぁ」って思いが残っていたので、今回の「銀岩塩」立ち上げることが決まってすぐに、「一緒にやらない?」ってラブコールをおくりました(笑)!

―:井上さんはそのラブコールを受けてどう思いましたか?

井:すごく嬉しかったです! 「まず一番最初に声かけたんだ」と、言ってもらえたのが嬉しくて。これはもう、できる限り協力したいなって思いました!
岩:即、「やりましょう!!」って、言ってくれてたよね⁉

―:即決だったんですね! 舞台の企画をつくる前に声をかけたんですか?

岩:はい。台本や脚本もですが、いつやるかさえも当時は何となくでしか決まっていませんでした。

―:そういったオファーは異例だったんですか?

岩:原作の台本に合わせて、キャスティングしていくのが一般的ですね。たまに台本を書くうえで、キャストを見てみないと浮かばないっていう方がいらっしゃいますが、やはりある程度の枠組みが決まってからキャストをオファーしたりすることが多いですね。

―:キャスティングが井上さんに決まって、台本の内容が変わったりすることもあるのですか?

岩:いや、全然。むしろ、台本も決まってない状況でした。
一同:(笑)

井:でも、このパターンってすごくおもしろくて、普通は原作が最初にあってその舞台をつくっていく。もしくはキャストありきの舞台の2パターンで、やる作品が決まってから劇場を決めるんですよ。でも、まさかの劇場を先に決めて「さぁやるぞ!」みたいな(笑)

岩:そうだねー。(笑)
井:なぜ劇場を先に決めてくる⁉ みたいな(笑)。
岩:劇場を決めてから、さぁこの小屋で何をしようか? って流れはすごくレアケースだったよね(笑)。

今は大きな家を建てるための土台づくり

【銀岩塩】井上正大 × 岩田有弘 特別対談:前編

―:今すべてが同時進行で進めているということですね?

岩:そうです! だから今、脚本家で演出家でもある塩田さんが頑張ってくれているはず……(笑)
(隣にいる塩田さんに目配せ)

―:今日の撮影を見て、また脚本に落とし込まれるという感じですね?(笑)

井:そうですね! 今回はその脚本・演出を総指揮である塩田さんが原作から組み立てるんですけど、その制作過程を一人のキャストながら大きな視野で見られるので、一緒に作っている感覚があってすごくおもしろいです。本来なら脚本家の方がいて、脚本をもとに演出家の方がライトを決めて、映像効果を決めて、ってなるんです。でもこれを、全部まとめて一緒に作れる方ってめったにいないんですよ! 今回はできていくのに時間かけている分、土台がすごくしっかりしていますね。例えるなら、今は大きな家を建てるための土台を固めているって感じです!

岩:いいね、いいこと言う(笑)。
井:だから、多少の台本の遅れは気にしていないです。(笑)
岩:みんな塩田さんの人間性を含めて信頼しているんだろうね。

この3人が集まるのは偶然ではなく、必然だった!

―:井上さんは塩田さんのことは元々ご存知でしたか?

井:はい。岩田さんとも共演した『DAY IN A SUN』に一緒でした。

―:では、その3人がまた集まっているという感覚ですか?

岩:そうですね!でも偶然ではなく、やりたくて必然的に3人が集まったという感じでした。なので、決まってからのスタートダッシュは早かったですね!

―:撮影中も「今日動き始めた感じがしてる」「始動している」と話していましたけど、今日のポスター撮影を終えてみていかがでしたか?

【銀岩塩】井上正大 × 岩田有弘 特別対談:前編

岩:ここまでデスクワークが多かったので、ようやく動き始めた感じです。
まず1から場所をつくらないと人も動かなくなってしまうので、準備に時間がかかりますね。このチラシ撮影も、1カ月以上前から、みなさんにスケジュールをお願いして、カメラマンさんにもラフ案を何度も確認して、衣装にしても、メイクさんにしても、ようやくすべてが合致して、初めて集まって「始動」って感じがしますよね。頭でずっと動かしていたものを表現できる形になってきたということで。

―:頭で描いていたものが形になるのは嬉しいですね。

岩:「ものづくり」のやりがいはそこですよね。見えないところで、すごく時間はかかりますけど、それが実るから楽しいワケですからね。
本当に「ものづくり」の過程を今回は連載にしたいから、その始動が見えるのはすごく嬉しいなって思っています。
だから本当に正大くんが、稽古場での苦労とか、どういう悩みをもって本番、舞台とかに上がっていくのを見るのは本当に貴重なので、ぜひ知ってほしいですね。あんまり舞台上だけじゃ伝わらない苦労もあるし、すごく繊細な作業とかもあったりするので、そういうところにも注目してほしいですね。

>>
初の劇団を立ち上げ、その胸中を主演の井上さんと共に語ってくれた岩田さん。「始動している」という言葉にもある通り、今まで思い描いていたものが形作られている様子に大きな一歩を感じているようでした。今後もMTRLでは引き続き、演劇集団「銀岩塩」の初舞台の様子をレポートしていきます!

次回、岩田さんと井上さん、それぞれの公演本番への想いをお届けします。
後編に続く。

■アーカイブ
【演劇の甲子園へ】『MTRL×銀岩塩』デビューオーデション開催!

【演劇の甲子園へ】『MTRL×銀岩塩』デビューオーデション結果発表!

岩田有弘プロフィール
【銀岩塩】井上正大 × 岩田有弘 特別対談:前編

2002年演劇ユニット『秘密兵器』を結成し、下北沢を中心に10年以上定期公演を続ける。演劇祭など数々の優勝経験があり、総観客動員数15,000人以上。
近年 劇団『大人の麦茶』主宰塩田泰造に才能を見出され入団する。
舞台を中心に、またTVドラマ、CMなど、確実な芝居力と、ひたむきで柔軟な人間力で、活躍の場を拡げている。

◼︎舞台詳細
銀岩塩 vol.1
『ジアース アート ネオライン 神聖創造物』
~その老人は 誰よりも 若かった~

会場:本多劇場
期間:2015年12月30日(水)~2016年1月3日(日)
出演:井上正大、岩田有弘、吉沢梨絵、鮎川太陽 ほか

銀岩塩ホームページ
http://www.ginganen.com

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事