明日のモテるを配信中!

ミーハー最新曲からコアまで【2017年12月コレを聴いておけば大丈夫!】 ドヤれるMUSIC! Vol.10

ミーハー最新曲からコアまで【2017年12月コレを聴いておけば大丈夫!】 ドヤれるMUSIC! Vol.10

Views 04 December 2017 (更新日:
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時がすぎるのは早いもので、あっという間の12月! どうも、MTRL音楽ライターの坂井です。
今年のベストディスクをいろんな人が選び始める時期ですが、私は今月のモテる音楽をお届けしていきたいと思います!

それでは、今月もいってみましょう♪

AKB48/11月のアンクレット

The王道アイドルまゆゆのラストセンターシングルがこちら。
清純派で夢のあるアイドル像を貫いた彼女にぴったりな、切なくも可愛らしい1曲になっています。
素のまゆゆに近くてとにかく可愛いとメンバーも賞賛するMVに注目!!

宇多田ヒカル/あなた

映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』の主題歌は、監督のオファーを受けた宇多田ヒカルが映画のプロットならびに原作を読み込み書き上げたもの。
聴く人それぞれの想像力に委ねられた歌詞は、大切な人を思ってぜひ聴いていただきたいです。

三代目 J Soul Brothers from EXILE from EXILE TRIBE/J.S.B HAPPINESS

すでにポッキーのCMソングとして耳なじみがあるこちらは、三代目ファンならおなじみの「J.S.Bシリーズ」の最新作です。
爽やかなサウンドとみんなでシンガロングできそうなサビは、これからの忘年会シーズンのカラオケにもぴったり!

aiko/予告

寂しい気分に浸りがちな冬ですが、そんな時にそばにいて励ましてくれるハッピーナンバー。
底抜けに楽しい曲がなく恋愛でもネガテイブな曲が多いので、めっちゃ元気になりたい! と思って作ったというこの曲は、彼女自身がライブを通して感じているハッピーな気持ちをこめて作られたなんてマメ知識も、合わせて覚えておくとより一層ドヤれます!

[Alexandros]/明日、また

「クロレッツ」のCMソングとして有名な1曲は、彼らの持つ“周りに振り回されず自分の意思を通す強さ”や“自分を信じる大切さ”を色濃く映し出したナンバー。
フェスで披露されて盛り上がり必須な曲だったので、カラオケで歌えたらカッコイイ!!

ぼくのりりっくのぼうよみ/罠 featuring SOIL&”PIMP”SESSIONS

「ぼくりり君どうした?」と思わずにはいられない、官能的で色っぽい曲に仕上がっています。本人も「ダイレクトに性的な曲を作ろうと思いました」とコメントを出している通り、まぁエロいエロい!!(笑)。
これをセクシー歌えたら、女の子がキュンとしちゃうかも?

My Hair is Bad/いつか結婚しても

もはや知らないと言えないアーティストである“My Hair is Bad”。

ボーカルである椎木さんのTwitterが注目されがちですが、曲がすごくいいのです。大好きだからこそ「愛してる」と言わない不器用な男心は、聴いてるだけで切なくなる!
この曲を聴いて彼女の過ごすクリスマスへのモチベをガチ上げしちゃってください。

DADARAY/少しでいいから殴らせて

ゲスの極み乙女。のメンバーである休日課長が属するユニットDADRAY。川谷絵音さんが楽曲制作をしていることでも話題になりましたよね。

浮遊感あるサウンドと歌謡曲調の日本語を基調としたサウンドの絶妙な融合は、まさしく彼らだからこそ!
MTRLモデルのよねしゅん君も出演しているのでチェックです。

Ivy to Fraudulent Game/”何処か”/somewhere

次にくるロックンロールバンドといえば間違いなく彼らでしょう。
男が憧れる男像を凝縮したような空気感は、音源でもかっこいいけど生で見ると更にヒリヒリします。
「これから来るバンドなに?」と訊かれたら、彼らを進めるのは間違いなく正解!

in NO hurry to shout/close to me

映画『覆面系ノイズ』から飛び出してきたリアルバンドというだけあって、ゴシック調を基調にした世界観がしっかり作りこまれています。

そして楽曲は、MAN WITH A MISSIONの書きおろし。話題性抜群なので、しっかりプレイリストには仕込んでおきましょう!

Nulbarich/In your Pocket

今までライブ以外で姿を現すことのなかったJQ(Vo.)が姿を現したことで、すでに巷では話題騒然になっています!!
ヒップホップをベースにしたミドルチューンは、彼女が来た時にBGMとしてかけるのにもセンス抜群!

フィロソフィーのダンス/ダンスファウンダー

隠れた楽曲派アイドルであるフィロソフィーのダンスは、実はみんなすっごくカワイイ!!
「新しいダンスを踊らせてあげる」というちょっと上から目線なリリックも、観客を躍らせてやるぞというアイドルとしての決意が感じられます。

最初はとっつきにくいけど、聴いていくうちに癖になっているアナタがいるはず!

防弾少年団/MIC Drop -Japanese ver

K-POPファンからは根強い人気を誇るBTSが満を持して8thシングルを発売!
常にたてノリの利いたヒップホップチューンは、パーティーシーズンのBGMにも最適です。
聴いてると格好がつく曲なので、しっかりプレイリストに忍ばせておきましょう。

Elijah Blake/Technicolor

ポップでキャッチーな聴きやすい音楽でありながら、先人たちへのリスペクトを存分に感じることができるファンクミュージックです。ボーカリストとしてもその地位を確実に築いてきてる彼は、今から知っていたらドヤれること必須! 収録アルバムも名盤と名高いので、1枚丸ごと聴きつくしをオススメします。

3月から始まったドヤれるミュージックも、なんと2017年を締めくくることができました! これも読んでくださってるみなさんのおかげです。ありがとうございます!!
来年もモテる! ドヤれる! 音楽をご紹介していきますので、楽しみにしててください。
それでは、ドヤれるMUSICを聴いてよいお年を~♪

■11月のモテ音はこちら

ミーハー最新曲からコアまで【2017年11月コレを聴いておけば最先端!】 ドヤれるMUSIC! Vol.9

■ライタープロフィール

ミーハー最新曲からコアまで【2017年12月コレを聴いておけば大丈夫!】 ドヤれるMUSIC! Vol.10
坂井彩花
元楽器屋の経験を持つライター。音楽系の記事を中心に執筆中。人生は盛大なネタです。音楽とお酒と人がすき。
Twitter:@ayach___
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加