明日のモテるを配信中!

「サバサバはぶりっこ?」女子校出身女子の取扱い方

「サバサバはぶりっこ?」女子校出身女子の取扱い方

Views
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは桃倉です。

もう8月も半ば、待ちに待った夏休みが終わろうとしています…。
未だJDである筆者は9月いっぱい夏休みなのですがね。来月も羽目を外しまくりますよ!

そういえば、筆者はこう見えて中高6年間女子校出身だったんですが高校を卒業して大学に入り異性と絡み方が分からず苦戦したのを覚えています。

距離が近すぎるとビッチだと言われ(当時処女)遠すぎると、堅すぎるなんて言われ…

「じゃあいったいどうしたらいんだよ!」 と男子との距離感なんかにはかなり苦戦しました。

共学の女子と比べると女子校出身者は駆け引きが下手なんです。逆に女子校出身者に対して「何考えてんの?」と思ったことのある男子も多いはず。

特に何を考えてるわけでもないんだけどただ、共学の子に比べると男子への気持ちの伝え方なんかが下手で勘違いされることが多いんですよね。

そんな女子校出身女子の取り扱い方をお教えします。

1:みんながお嬢様だとは思わないで!

女子校と聞くとお嬢様なんじゃないかと思う人は多いです。

確かに私立の女子校になるとどこかの財閥の令嬢だったり有名ホテルの経営者の娘だったりと田舎出身である筆者の出身校でさえそんなお嬢様がいたので学校に数人はいることは確かです。

しかし、みんながそうとは限りません。一庶民であるのにお嬢様と思われるのって結構迷惑な話なんですよね。
なので女子校出身だからと言ってみんながみんなお嬢様だとは思わないでください!

2:サバサバは仮の自分、弱いところを見たいと言って!

「サバサバはぶりっこ?」女子校出身女子の取扱い方

女子校だとサバサバしている女子がモテる、女子に好かれる世界なんですね。

女子校:サバサバ=好かれる
女子校外:サバサバ=好かれる?

逆にぶりっこは追放される世界。だから女子校でなくともそれが抜けず、好きな異性の前になると特にどうしていいか分からずサバサバしてしまうんです。

男子ってやっぱり可愛い女子のほうが好きじゃないですか? ぶりっこすればいいものの好きな異性の前でもサバサバして恰好つけてしまい、いつの間にかに「姉さん」キャラになってるんですよね。

でもそのサバサバは偽りの姿であって強がっているだけなので「俺の前くらいは弱いところ見せろよ」とか言われると女子校出身の女子なんて一発で惚れしまいますよ。

3:他人なんて知らない、知っているようであなたしか知らないの!

女子校出身の子って周りに男子がいないために、男子のサンプリングがないんです。

共学出身者であればいろんな男子と接してきたためにこの子はこういう系の子だとか多少のサンプリングがあるのですが、女子校出身者はそれがまったくないのです。
比べるとなると親だとか、先生だとか兄弟になってしまいます。

そりゃ、親や先生、兄弟に比べられると普通の男子は負けてしまいますよね。身内と比べられてあなたはこうだとか言われたら男子にとってはムカつく話。

だけどね、女子校出身の子は他の異性のサンプリングがないの。ちょっとうざいかもしれないけれどあなたしかまだ異性を知らないのだと思って女子の話を聞いてみてください。

4:女子校の団結力なめないで!

「サバサバはぶりっこ?」女子校出身女子の取扱い方
女子校出身だと「いじめとかすごいんじゃない~?」とよく聞かれますが、案外ないんですよ。

また、共学以上に女子の団結力がすごいんですね。多分、そこらの共学の女子なんかより友情はアツイ。

「レズとかいなかったの~?」なんてこれもよく聞かれる質問ですが、いましたよ。もちろんいました。大抵の女子校にはいると思います。

けれど、その子たちを変な目でみたりしないし、みんな仲間なんだからそういう心に闇を抱えたこの話題を拾ろうとするのはあんまり好ましくないかな。女子校の団結力なめないでほしいですね!

どうでしたか? 自分で言うのもあれですが、正直面倒くさいのが女子校出身。

でもね、強がってるふりして実はピュアピュアなのが女子校出身者! そこを分かって欲しいのです。

 

■合わせて読みたい

急増!自称サバサバ女子を見分ける方法

 

 

■ライタープロフィール

「サバサバはぶりっこ?」女子校出身女子の取扱い方
桃倉もも
(ももくらもも)

たしかライター。Cカップ。初体験は19歳、イマドキ若干遅咲き開花な経験人数42人。
「若くも見えるけどなんか老けてるよね?旦那いくつ?」と言われがちな大学5年生独身。
どこぞのキラキラ区民系女子には負けますが、ワールドワイドな心でおっさんからクズ男まで相手にしてきたほうだと思います。
少しでもMTRL読者のみなさんの心に刺さるようなものを提供できたらと思います。

Twitter

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加