明日のモテるを配信中!

【私たちこんなことしてました】パリピの性事情を振り返る

【私たちこんなことしてました】パリピの性事情を振り返る

Views
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近寒くなってきましたね。
寒くなるためには、体を温めなくちゃ! ということで、寒さに打ち勝てる! この夏ビッチを解禁していたパリピちゃんたちの熱いエピソードをいくつかご紹介したいと思います。これでHOTになれること間違いなし!

ワンチャン→セフレリレー

お台場であったフェスでの出来事。
朝の7時頃から仕込みを始め、「ビッチ解禁してくる!」と友達に一言告げ足早に向かいました。
「一番最初に会った人に持ち帰りしてもらう」と宣言していたのですが、一番最初に出会った男性はなんと現在のリアルセフレ!!
これはさすがにつまらなすぎる、と思い、いろんなと人とテキーラ祭り!
結局、最後に一緒に居た初対面の人と電車で別の場所に移動し、無事ワンチャンをしました。
しかしその後、フェスで会ったセフレから呼び出され彼の家に。
さっきまで別の男の人と居たのを知っていたので、すこし俺様な束縛をしてきて、燃えてしまいました(笑)。
その時の戦闘服がこちらです。
【私たちこんなことしてました】パリピの性事情を振り返る
【私たちこんなことしてました】パリピの性事情を振り返る
(22歳 介護士)

1回だけじゃ物足りない!

クラブイベントで友達とはぐれ、クラブから出て道端で一人でいたら、近くにいた男の人がジャケットを貸してくれたので、しばらく話していました。
ふらふらだったのでおんぶしてもらいながら歩いていたら、つい背中に吐いてしまって、ジャケットもろもろ大惨事。さすがにキツかったのか男の人に「体で払え」と言われ、渋谷中を追っかけ回されました。
漫喫へ逃げて寝ていると、朝の9時頃にはぐれた友達から「起きたら隣に男の人がいる」と言われたので一緒に帰ろうと連絡をしたら「もう1回したいから、もうちょっと待ってて」と衝撃的な一言。
友達がやり終えるのを待って、ワンチャンエピソードを聞かされながら埼玉まで帰宅しました。
追いかけ回されたのは怖かったけど、貪欲な友達の姿勢に笑えた日になりました。
(21歳 保育士)

旅先で出会ったイケメンと

失恋した傷心旅行に、一人で2泊3日の北海道に行きました。
初日に行ったご飯屋さんでストリート系のイケメン店員さんと仲良くなり、その日の夜、地元の人しか知らない穴場などにドライブに連れて行ってもらうことに。
夜景を見ながらいろんな話をしていたら、雰囲気もあったおかげかいい感じになり、そのままラブホテルへ直行。
朝解散をし、その日は観光を楽しんだのですが、結局2日目の夜もまた会って一緒に地元のクラブへ。
結局自分の泊まるはずのホテルには2日間とも泊まらずに旅を終えました(笑)。また行きたい!
(21歳 飲食店)

この流れアリ!?

フェスでテキーラ一気祭りをし、最強に酔っ払った帰り道、怖い男性に追いかけられ近くのマンションの影に隠れていたら、「大丈夫ですか? よければうちですこし休んで行ってください」と、優しいお兄さんに声をかけられ、疲れと眠さで寝たいなぁと思い、お言葉に甘えてお邪魔することに。
ウトウト寝かけていると、その男の人が突然襲いかかってきて、そのまま流れでヤって昼過ぎまで爆睡。
でも、優しくてかっこよかったから後悔はしてないです。むしろ、よかった(笑)。
(24歳 引越し屋)

初3P

渋谷で友達と飲んでいたら、セフレとその地元の友達に再会。
友達と解散したあとに合流し飲み直すことになり、コンビニでたくさんのお酒を買って向かったのはラブホ。
最初は普通に飲んでたけど、だんだん空気も代わって、酔いが回ったまま3Pしました(笑)。普段とは違うシチュエーションだったし、お酒も入っていたので、みんなノリノリで、無事終了。
翌朝、いち早く起きてお腹が減ったのでベッドを抜けてご飯を食べていると、寝ぼけた男ふたりが抱き合ってキスしていたので静かに見守っていました。
最後には3人で仲良くお風呂に入って洗いあいっこ!  更に帰りにはそばを食べて解散しました。
(22歳 BAR店員)

波乱万丈すぎるビッチ達に、少し恐怖さえ覚えますね。
ちなみに、最初のエピソードの方の戦闘服をもう1枚提供してもらいました。
【私たちこんなことしてました】パリピの性事情を振り返る
ビッチの見た目は非常に容易に分かります! ターゲットはこういう感じのですよ!!!!!!
そして、女の子は、酔っている時、心細い時、心配してくれる優しい人に心を許しているようです。ハロウィンが間近に迫った今、男性諸君は優しいジェントルマンを演じて、夏に負けない夜を過ごしてみてはいかがでしょうか。

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事