明日のモテるを配信中!

【髪西】2018年ウルフが流行る?!ウルフヘアの長所と短所を解説

【髪西】2018年ウルフが流行る?!ウルフヘアの長所と短所を解説

Views 10 January 2018 (更新日:
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。髪西です。

【髪西】2018年ウルフが流行る?!ウルフヘアの長所と短所を解説
今流行りの髪型と言えば、サラッとしたナチュラルヘア、あまり毛先を動かし過ぎない重ためなマッシュヘア。街中を歩けば、一人か二人は必ずすれ違う髪型です。

ところが「2018年ウルフヘアが流行るかもしれない!」と、おしゃれに敏感な中高生の間では話題になっているのです! 果たして、ウルフヘアは来年のトレンドになりうるのか。今回はその流行になるウルフヘアの長所と短所をお話ししようと思います。

ウルフヘアってどんな髪型?

メンズのヘアスタイルにはいくつかの種類があります。 マッシュヘア、ショートスタイル、ミディアムスタイル、そして最近話題になっているウルフスタイル。

ウルフスタイルとは、一般的にトップが短く、襟足部分を残し、襟足にウェイトをおいた髪型のことを指します。正面から見たときに襟足の部分が狼の毛先に似ていることから、ウルフヘアと呼ばれています。

【髪西】2018年ウルフが流行る?!ウルフヘアの長所と短所を解説

一昔前では、M字バングと共に流行していましたが、マッシュが流行して以降、メンズの間では、あまり見なくなりました。近年では、マッシュの面影を残しながら、襟足を遊ばせるウルフスタイルが主流となっています

ウルフのメリットとデメリットを解説!

ウルフスタイルには良い点があれば、悪い点もあります。

ウルフヘアのメリット

・ヘアアレンジが豊富
ウルフスタイルは襟足を含めたシルエット作りが必要になります。マッシュに比べて、シルエットの変化の幅が広い為、様々なヘアアレンジを楽しむことが出来ます。
・襟足による小顔効果
襟足を残すことによって、顔が小さく見える効果があります。また、触角を残すとより小顔効果があります。
・大人っぽい
襟足をうまく使いこなすと、マッシュには表現できない、大人っぽさを演出することが出来ます。
・ヘアセットがとにかく楽しい!
ウルフヘアのヘアセットはマッシュやショートに比べて、難しい上に、時間もかかります。ヘアセットが好きな人は長い時間髪の毛をいじることができるし、よりハイクオリティーなヘアセットを楽しむ事が出来ます。

ウルフヘアのデメリット

・頭が大きく見える
ウルフヘアには小顔効果はありますが、頭は大きく見えてしまいます。特に、後ろから見た時にはかなりボリューミーに…。
・不潔に見られる
襟足があることによって、場合によっては不潔に見られることもあります。ショートヘアや、マッシュが好きな女性からすると髪の毛が長く見られてしまうのかもしれませんね…。また、襟足少し伸びると、髪の毛が全体的にもっさり見えてしまうので、定期的に美容室に通わなければなりません。
・ヘアセットが面倒
ウルフヘアスタイルのヘアアレンジは、マッシュに比べて時間がかかります。朝のヘアセットが面倒な方にはあまりオススメはできません…。

さて、ウルフヘアスタイルのメリットとデメリットを並べて行きました。やはり、トレンドとはいえウルフヘアにはデメリットもあります。誰でも似合うとは言いません。似合う人と似合わない人に別れてしまいます。けれども、髪西はウルフヘアをこよなく愛するし、その魅力を発信し続けて行きますよ!

大切なのは美容師さんとのコミュニケーション

結局、似合う髪型と似合わない髪型は美容師さんと共に見つけるものです。
しっかりとコミュニケーションを取ってくれる美容師さんを探して、自分の悩み、やりたい髪型を伝えることが大事です。

 

【髪西】コレだけは買っておけ!ヘアセット初心者向けオススメワックス3選!

【2017年流行る髪型】ウルフブーム再来!?最新ネオウルフが熱い件

【髪西】コスパ最強!冬の乾燥に無印良品の化粧水がオススメな理由

ライタープロフィール

【髪西】2018年ウルフが流行る?!ウルフヘアの長所と短所を解説

髪西

動画投稿サイトYouTubeにて、美容を中心に、ファッションやDIY動画を発信するインフルエンサー。チャンネル開設以来、約1年間で14万人を超えるチャンネル登録者を保有。動画制作に限らず、モデル、俳優、ライター、演出家など、活動は多岐に渡る。

■Twitter
https://twitter.com/kaminishisan
■YouTube
https://www.youtube.com/channel/

 

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加