明日のモテるを配信中!

【今、スクショした?】身につけると女子が勝手に萌えてくれるかもしれないファッションアイテム

【今、スクショした?】身につけると女子が勝手に萌えてくれるかもしれないファッションアイテム

3,143Views 02 November 2016
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男が女に萌える瞬間があるように、女にも男に”萌える・・・!”と感じる瞬間があります。
女子が言う「今萌えた・・・」とは、男なのに可愛いと言うギャップがあるポイントで発生。
そして実はそれ、とある小物たちでつくることができるのです!
今回は、あなたが身につけるだけでそんなシチュエーションを演出できるアイテムをちょっぴり独断で紹介します。

スヌード

【今、スクショした?】身につけると女子が勝手に萌えてくれるかもしれないファッションアイテム参照元:ZOZOTOWN

女の子がスヌードやマフラーをぐるぐる巻きにして、顔を埋めている姿って可愛いじゃないですか。

ほら。

美紅さん(@mi_ku_7)が投稿した写真

想像してください。こんな女子が目の前にいたら見てるだけで癒されますよね?  顔周りぐるぐる萌えの方式は男女共に共通。
普段は男らしいあなたが、守られている感あるというギャップが身につけるだけで間も無く発生するでしょう。
もちろん、スヌードだけではなく、ボリュームのあるマフラーでも大丈夫ですよ。

ゆるい落書きのトートバッグ

【今、スクショした?】身につけると女子が勝手に萌えてくれるかもしれないファッションアイテム参照元:https://yunagaba.stores.jp

キャンバス地のトートバッグは、持っているだけでさりげなくサブカル要素を加えてくれるアイテム。
さらに、そこにゆるい落書きが加わることで萌え要素が発生します。(できたら黒一色で落書きしてあるものがベター)
これは、可愛い女の子が男兄弟で育ち、自分の好きな少年漫画のことをめっちゃ語れる、というギャップと同じような感覚で捉えてください。
もしキャラクター物にしたいのであれば、ディ○ニー系よりもスヌーピーグッズを持つことでファッション感度も保ちながら可愛さを演出できます。
持っているだけで”なんか可愛い”の称号を手にすることができ、女子から話しかけてくれる会話のキッカケを作り続ける魔法のアイテムとなることでしょう。

大きめフードアウター

【今、スクショした?】身につけると女子が勝手に萌えてくれるかもしれないファッションアイテム参照元:ZOZOTOWN

冬は1年の中で一番萌えが発生する季節です。萌え袖、ニット、ココアを飲む仕草・・・。これら全て冬! ということは、冬に萌えてもらうヒントはたくさん隠れているわけです。アウター部門でエントリーするのは、やっぱりフード付きアウター。寒い、は萌えを発生され首回りを盛る法則と同じく、
こちらで萌えてもらうのは簡単3ステップ

1.「うー寒い」と言ってチャックを閉める
2.ちょっと首をうずめる
3.左手はチャックを持ち上に上げる仕草をしたままキープ

なお、下記画像のように酔っ払った後、フードを被るのもオススメです。

【今、スクショした?】身につけると女子が勝手に萌えてくれるかもしれないファッションアイテム

また、スヌードやフード大きめアウターと同じ法則なのがタートルネック。
【今、スクショした?】身につけると女子が勝手に萌えてくれるかもしれないファッションアイテム参照元:ZOZOTOWN

萌えるアウター1位のダッフルコートとの相性もバツグン! ダブルコンボで攻めるとより良いでしょう。

鎖骨が見えそうなトップス

【今、スクショした?】身につけると女子が勝手に萌えてくれるかもしれないファッションアイテム参照元:ZOZOTOWN

え、首回り盛るの法則じゃないんかい! と思ったあなた。まだまだ勉強不足ですね! これは日本とブラジルと言ってもいいくらい、国境が違う話。

鎖骨は、女の子から上がる男性の好きな体の箇所で上位に入るくらい需要のあるパーツです。
こちらは、Vネックでがっつり見せるよりも微妙な感覚を保ってください。
ほら、谷間ががっつり見えるのって、逆にやる気をなくすじゃないですか。見えそうで見えない谷間がいいように、見えそうで見えない、いや、ちょっと見えた!くらいの鎖骨露出がいいのです。
だらしなくならない範囲のユルさのあるトップスを選ぶと良いでしょう。

■萌えについてもっと学びたい人は、あざとプロ所属・萌えの匠伊藤蓮のTwitterをチェック!
@19957220

【今、スクショした?】身につけると女子が勝手に萌えてくれるかもしれないファッションアイテム▲ゆるめのフードで萌えを狙う伊藤プロ

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事