明日のモテるを配信中!

【VANQUISH石川 涼インタビュー】:中編「ファッション界の異端児」を生んだ青春時代とは

【VANQUISH石川 涼インタビュー】:中編「ファッション界の異端児」を生んだ青春時代とは

22,331Views 01 June 2015
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「純粋に面白かった!」「涼さんらしさが出てて良かった!」など大反響のあった前編:うるさい大人は完全無視!業界の異端児「石川涼」の見つめる変化の向こう側に引き続き、今回は、中編:「ファッション業界を席巻する異端児、石川涼」を生んだ青年時代についてお届けします。

―― : 涼さんが高校時代にSNSがあったらどうでしたか?

石川 : そうだったらそうで楽しかったと想うよ。自分が若い時に、今の環境だったら、楽しかったと想う。デメリットはないよね。

―― : 涼さんはどんな高校生でしたか?

石川 : とにかくセックスばかりしていたね。中一からずっと。⚪️⚪️中の△△ちゃんっていう可愛い子はほぼHした。9個下の地元が同じ社員が、ヤリまくってたことを知ってたのは驚いたね(笑)

―― : どういう風にヤッてたんですか?

石川 : 相手の学校に乗り込んでいたね。△△ちゃんいるか?と。その学校のヤンキーに、めちゃめちゃボコられたけどね(笑)

―― : 富士宮は、高速道路沿いにラブホがたくさんありますよね?

※インタビュアー佐野も、石川と同郷の富士宮市出身。

石川: 20歳で上京するまでの間に、富士、富士宮周辺のラブホは完全制覇したと思う!

――: くだらないレジェンドですね(笑) 地元に帰ったら、どこのラブホ観ても涼さんココ来たんだって思っちゃいますね(笑)

―― : その他で、20代のエピソードがありますか?

ココで貴重な当時の写真が出てくる。

【VANQUISH石川 涼インタビュー】:中編「ファッション界の異端児」を生んだ青春時代とはサーファー風のロン毛時代(当時19歳)

【VANQUISH石川 涼インタビュー】:中編「ファッション界の異端児」を生んだ青春時代とはその1年後の赤髪時代(当時20歳)

 

石川: 仕事しかしてないね!

――: じゃあこの時期は、ヤリチンというよりは・・

石川 : ヤリチンだよ!(笑)ずっと、13歳から。

【VANQUISH石川 涼インタビュー】:中編「ファッション界の異端児」を生んだ青春時代とは懐かしそうに過去のヤリチン時代を振り返る石川氏。

 

―― : なんで東京に出てきたんですか?

石川: 物足らなかったんだろうなぁ。。あと、洋服の仕事するなら一度は東京に出てみようかなと。

――: 東京に出るか出ないかは地方人にとって、重要なテーマだと想います。東京に何を目指して、来たらいいとかを無責任に言って欲しいです(笑)

石川: んー。。悩んだことがないんだよなぁ。時間が無駄だからねぇ。

当時は、そんな考えてなかったけど、今思うと、“変化できないことのほうが怖いよね!” このまま田舎で歳を取っていく方が、逆に不安だったかも。

業界屈指のチャレンジ精神を持つ石川涼のルーツには、厳格な父の教えがあった。

――: 変化せずに流れに乗り遅れたら、取り返しつかない可能性もありますよね。変化を恐れず果敢に挑戦する涼さんには、どういった背景があるんですか?

石川: 親父の影響が大きいね。20歳のときの子だし。俺が中3の時に、35歳だからね。親父に「何かやりたいことがあるときは、全部自分でやれ!もしバイクに乗りたいなら、免許のお金も、バイクも自分で稼いで買え。その変わり、後ろに人を乗せるな。死ぬときはひとりで死ね!」と。

本当に変わりたい!と想っているんだけど、器がないとできない。。というのは、すごいもったいないと思う。変わりたい!と想っているんだったら、自分で掴み取れ!と。そういう部分が、今の若者には足りないかもしれないね。

【VANQUISH石川 涼インタビュー】:中編「ファッション界の異端児」を生んだ青春時代とは時に厳しく愛を持って若者にエールを送り続ける石川氏。

ーー : 最近勢いだけはある若者は、いたりしますよね。起業しました!という学生は多いけど、サービスがないという例もあったりします。

石川:アホだよね!分かってない。 起業が目的化してしまっていて、中身がないよね。起業はあくまで手段で、ユーザーが見えていない。そこが見えていないと、サービス、プロダクトも出てこないしね。そういう奴は、あれだね!「無視だね!」

―― : 承知しました!(笑)

石川 : なんで無視かっていうと、言われても分からないんだよね。本人がああ、ダメだったなと実感して、どこがダメかに自分で気付かないと変わらない。本人が納得しないと意味がない。だから、無視して失敗したほうがいい。

―― : 今は失敗することが少なくなった想います。失敗への耐性がないですよね。そういった若者たちは、バーとかの飲食業をはじめてアフィリエート、コンサルもやってます。という職が定まらない人もいる。

石川: そういった人は、無視だよね!無視無視。そんな職業がいっぱいある人は、ダメだね!

―― : 与沢さんってどう想いますか?

石川: 全然興味ないね。

―― : 全うにビジネスしている人たちからは、実態もないしすごい嫌われている気がしますね。

石川: 彼がどれだけ稼いでいてもいいけど、単純に憧れの対象にならない。ただそれだけ。全く興味ない。

多くの若者の悩みに応える兄貴的存在の石川。基本姿勢は、常に前を見続けポジティブであり続けること。

―― :今の若者達って涼さんみたいになりたいって人も多いですよね。ブランドでなく涼さん個人のファンも多い。そういった方との関係はどうしていますか?

石川 : [email protected][email protected][email protected][email protected]来るしね。

―― : ヤリチン相談とかですか?

石川 : そういうのも多いね。人生迷ってて、どうしたらいいかも凄いくる。しょうもないのは、スタンプで返すけど、基本的に全部返信するね!

――: どんな相談が多いですか?

石川 : 商品に関しての相談は来ないかな。空気的に重たいものも多いけど、前向きに行こう!って伝えてます。

―― : メンヘラ(※1)系の人が来ると、大変そうですね。。

石川: そういった人は、スタンプ!(笑)

―― :じゃあ、涼さんからスタンプが来た人は、そういうことなんですね(笑)

(※1)メンヘラ:

「精神疾患・精神障害を持つ人」という意味。

後編:「モテの定義は生命力」病弱メンズが流行るわけない!につづく!

前編:うるさい大人は完全無視!業界の異端児「石川涼」の見つめる変化の向こう側

【石川涼 連載】『ただヤりたいだけ。』も大好評公開中!

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事