明日のモテるを配信中!

【イラつかれる友達の特徴】大学で友達に頼まれてムカつくこと

【イラつかれる友達の特徴】大学で友達に頼まれてムカつくこと

3,073Views
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

友人関係もできあがって慣れてくる頃だからこそ、友人への発言は気をつけましょう。
実はその頼み事、図々しいって思われていること、知っていました?
友人に甘えるのはいいけれど、“甘える”と“利用する”をはき違えてはダメ! 自分はそのつもりがなかったとしても、相手が「これって利用されているだけでは…?」と思ってしまったらせっかくの友人関係もギクシャクしてしまいます。
実はムカッとくる大学での頼まれごとを紹介します。

「宅飲みで家使わして(5回目くらい)」

【イラつかれる友達の特徴】大学で友達に頼まれてムカつくことサークル充している大学生あるある! 他人の家なのにトイレや床をゲロまみれにする人、最低ですから! もはや自分の家のように当たり前に他人の家を飲み会場にして、散々暴れて汚した後に特に何事もなかったようにしれっと帰る人いません?
家に普通に遊びに来る分にはいいと思います。でも家主的に部屋を散らかされると話が変わってきますよね(笑)。しかもそれが「またかよ?」となるくらいの回数だと嫌気が差してくるものです。

「(今日休むから)コメントペーパー書いといて」

友人から送られてきたら「え~?」となること間違いなしの一文。
休むのはいいけど、自分のものでさえコメントペーパーを書くのが面倒くさいのに…。
相手には何とも思っていないみたいに「いいよー」と返事するけれど、内心は「面倒くさい」の一言に尽きる頼まれごとの一つです。
しかも、相手が体調不良で止むを得ずなら仕方ないと思えますが、授業出るのが面倒くさいから、まだ寝ていたいから、友人と遊んでいるから、などの自分勝手な理由だったとしたら論外。

筆者は友人からコメントペーパーを頼まれた授業中にSNSを見ていたらその友人が誰かと遊んでいる動画を挙げているのを発見してしまい、その時のコメントペーパーは適当に書いてやりました。アハハ〜〜

「(書くのが面倒くさいから)ノート見して」

【イラつかれる友達の特徴】大学で友達に頼まれてムカつくこと「いや、自分で書けよ!!!」って返したいところだけど、器の小さいやつと思われたくないから「いいよー」と筆者は返事します、はい。
というか、一回とか数回ならいいのです。快く貸します。でもそれが毎回だと、疑問が生じてくるわけです。こっちは多少の苦労をして書いているというのに! スマホをイジッたり寝て過ごしている友人を隣に黙々と板書を書いたものを何の見返りもなくその友人に見せる。パシリかよ!!!
もし心当たりがある人いいですか、それはただ友人を利用しているだけです。一回でも昼飯を奢るか何かしたほうがいいですよ…。“親しき仲にも礼儀あり”ってやつです。

「(無意味な)奢って」

いるいるこういう人~! 断ったらノリが悪い認定をされ、雰囲気を壊したくないので「仕方ないな」と言うとガチで奢らされるパターン。
こういうときって何を言えば正解なんですかね? 大学生のこういうノリの面倒くささって半端じゃない。
奢り奢られる関係なら良いんですけど、「奢って」ばっかり言ってくる人、そういう人は“友人”ではなく“たかり屋”と影で呼ばれています。注意しましょう。

意識高い系発言

【イラつかれる友達の特徴】大学で友達に頼まれてムカつくこと「自分は周りとは違う」ということをわざわざひけらかす人、いますよね。
学生のうちの人間関係は謙虚でなんぼですよ!
ただ、意識高い系にも好かれる者と嫌われる者がいて、必ずしも意識高い人みんなが嫌われるわけではないのです。むしろ、意識高いことはいいことですからね!
嫌われるタイプの特徴は、上から目線でモノを言う、大学生なのにビジネス用語をやたらと使う、人脈が広いアピールなどです。
話している本人は周りが見えていないからか気づいていないことが多いのですが、聞いている側からしたら「また始まったよ…」という感想しかない。大抵聞き流しています。
もう一度言います。謙虚がなんぼですよー!!

あなたはやっていない?

あなたの周りの人、もしくはあなた自身心当たりのある項目はありましたか?
友人って気が合うとか仲が良いとかの他にも自分を助けてくれる、自分の味方でもあります。でもそれをいいことに、利用するような態度をとったりするとよく思われない原因にもなります。
先程も言ったように、”親しき仲にも礼儀あり”。少数回なら良いのですが高頻度で頼まれると誰だって嫌気が差してくるものです。
心当たりがあるという人は上記のような行動や言動を今一度改めましょう!

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事