明日のモテるを配信中!

【とにかく興奮させるが吉!?】年下彼女に敬語をやめさせる方法

【とにかく興奮させるが吉!?】年下彼女に敬語をやめさせる方法

2,010Views
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ずっと好きだった年下女子とやっとこさ付き合えたのに、彼女のほうはなぜかずっと敬語。
まるで一定の距離を置かれているみたいで、正直凹みますよね。彼女が同級生と親密そうにタメ語で話していたらなおさらです。
そこで今回は「年下彼女に敬語をやめさせる方法」について教えます。

1、サラッと敬語阻止する

【とにかく興奮させるが吉!?】年下彼女に敬語をやめさせる方法
付き合ってからしばらく経っているのに、彼女が敬語のまま……。この場合はただ単に、彼女がタメ語に切り替えるタイミングを逃してしまっただけなのかも。もしかしたら「私のほうが年下なのに、タメ語で話すのは申し訳ない」と思っている可能性もあります。
ここは男性のほうが気を使って、「あ、タメ語で全然良いからね!」と一言いっておきましょう。安心した彼女は、徐々にタメ語にシフトしていってくれるはずですよ。

2、LINEからタメ語にしてもらう

【とにかく興奮させるが吉!?】年下彼女に敬語をやめさせる方法いきなり会話からタメ語にするのって、けっこうハードルが高いもの。彼女も変に気を使いすぎて、逆にあまり喋ってくれなくなってしまうかも……。そうなったら本末転倒ですよね。
まずは無理に距離をつめようとするのではなく、LINEから敬語の壁を壊していきましょう。彼女から敬語メッセージが来たら、「付き合ってるんだし、まずはLINEからタメ語にしていこう!」と伝えてみましょう。顔の見えないやりとりだからこそ、彼女も気兼ねなくタメ語が使えます。

3、彼女に興奮してもらう

【とにかく興奮させるが吉!?】年下彼女に敬語をやめさせる方法
これはエロい意味じゃないですよ。
興奮して話が止まらなくなるくらい、彼女に一方的に会話をしてもらうんです。内容は好きな芸能人の話でも、嫌いな先輩や上司の話でも何でもオッケー。

人は話に熱中していると、自分の素が出てくるもの。我を忘れてマシンガントークをしているうちに、「それでねー」「本当イヤなんだよね~!」と、ついポロッとタメ語が出てしまうはず。
彼女が「(ヤバッ! タメで話しちゃった!)って顔をしたら、「あ! 全然敬語とかいらないから! それで~?」と話を進めてしまいましょう。

逆に彼女がそのままタメ語、時々敬語交じりで話し続けるようであれば、あとはもうこっちのもの。もうちょっと時間が経てば、彼女はタメ語オンリーで話してくれるようになるはずですよ。

ただひとつ言えるのは、敬語だからといって彼女は別にあなたに遠慮しているわけではないということ。
むしろタメ語を無理強いしてしまうと、かえって彼女の負担になってしまうかもしれません。
「タメ語で良いよ!」と伝えるのは1回だけにしておいて、あとは彼女のペースを見守ってあげましょう!

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事