明日のモテるを配信中!

【知らないと怖い!】市販の目薬で目の充血をとるのは悪影響?! 

【知らないと怖い!】市販の目薬で目の充血をとるのは悪影響?! 

9,628Views
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【知らないと怖い!】市販の目薬で目の充血をとるのは悪影響?! 

血管収縮剤や防腐剤たっぷりの市販の目薬。モデルさんも、もしかしたら知らず知らずのうちに撮影前等に使っているかもしれません。

筆者も以前は、何も知らずずっと愛用していました。

眼科に行かなくても、ドラッグストアや薬局ですぐに手に入ってしまう市販の目薬。ですが、市販の目薬の中には、思わぬ落とし穴があるものも存在します。

市販の目薬に入っている悪影響を与えかねない成分とは?

防腐剤

市販の目薬には、ほとんど防腐剤が使用されています。

この防腐剤は、刺激が強く、角膜を傷める場合があります。

市販の目薬には、塩化ベンザルコニウム、パラベン、ソルビン酸カリウム等の防腐剤がたっぷり入っていることが多いです。

眼科で治療薬として使用される目薬にも上記のような防腐剤が使用されている場合がありますが、防腐剤の濃度は、市販のものに比べ、低いので問題ありません。

血管収縮剤

市販で販売されている充血に効くと宣伝している目薬には、高確率で血管収縮剤が使用されています。

血管収縮剤は、結膜の血管を無理やり収縮して細くし、あたかも充血を抑えているように見せかけます。

無理やり収縮しているせいで、酸素の供給が少なくなり、時間がたって目薬の効果がきれた頃、さらに栄養を求め、充血するのです。

これの繰り返しで、血管自体が太くなり、又充血しては、血管収縮剤で無理やり抑えこむ負の連鎖が始まります。これをリバウンドといいます。

塩酸ナファゾリン、塩酸フェニレフリン、塩酸テトラヒドロゾリン等。

どの目薬がいいのか?

ムコスタ点眼液UD2%

【知らないと怖い!】市販の目薬で目の充血をとるのは悪影響?! 参照元::http://touch.allabout.co.jp

こちらは充血の大敵、ドライアイの治療薬で、防腐剤、血管収縮剤を一切使用していません。 防腐剤が入っていない為、一つ一つ使い捨てとなります。

眼科での処方となりますが、希望すれば、大体出してくれると思います。

ジクアス点眼液3%

【知らないと怖い!】市販の目薬で目の充血をとるのは悪影響?! 
参照元:http://touch.allabout.co.jp

こちらも、眼科での処方となります。

こちらも、血管収縮剤は入っていません。防腐剤のベンザルコニウムが入っていますが、濃度が低いので問題ありません。ちなみに私もドライアイで充血しやすかったので、ジクアスを愛用しています。ムコスタと違って開封後、1ヶ月使用できるのがいいです。

ソフトサンティア

【知らないと怖い!】市販の目薬で目の充血をとるのは悪影響?! 
参照元:http://www.santen.co.jp

こちらは参天製薬から市販向けにも発売している嬉しい目薬。

防腐剤、血管収縮剤は一切入っていません。ドライアイ用の目薬です。

ココで筆者が紹介した目薬は、どれも血管収縮剤が入っていない為、市販の目薬のようにすぐに効果があらわれるものではありませんが、ドライアイなどの症状が改善されてゆけば充血もしにくくなります。

長期使用がオススメできない市販の目薬

・バイシン

【知らないと怖い!】市販の目薬で目の充血をとるのは悪影響?! 
参照元:http://takeda-kenko.jp

充血に効く、と宣伝しているだけあって、使用直後は確かに充血が収まります。

しかし、その効果は先ほど述べた血管収縮剤、塩酸テトラヒドロゾリンのおかげなのです。どうしても目が赤い緊急時の頓服的な使用を心がけましょう!長期使用はオススメできません。

まとめ

いかがでしょうか。

目は一生モノなので、こうした情報を知ることで、自分にあった目薬選びをしてみるのもいいかもしれません。購入の際は、成分をよくきちんとお調べして安全な目薬を選びましょう!

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事