明日のモテるを配信中!

日焼け止めのSPF、PAとかって何なの?

日焼け止めのSPF、PAとかって何なの?

2,304Views 24 May 2015 (更新日:
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日焼け止めのSPF、PAとかって何なの?参照www.glossybox.jp

最近は男性用日焼け止めが販売されていたり、日焼けしたくないという男子も増えてきたのではないでしょうか?

皆さんが普段から疑問なのが日焼け止めに書いてあるSPFとかPAって一体何なの?ということだろう。

今日はそれらの疑問をクリーンにしよう。

日焼け止めのSPF、PAとかって何なの?

参照 BULK HOMME

まず初めに、紫外線が当たってから日焼けするまで個人差があるものの10〜20分くらいと言われている。また、紫外線には紫外線A波、B波、C波と3種類ある。その中でも日焼け止めが効果を発揮するのはAとBだ。

 

SPFとは?

SPFはサンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、主に紫外線B波について防止効果を発揮する。紫外線B波はレジャー紫外線とも呼ばれ、海などでジリジリする感じを覚えているだろうか。そのジリジリの正体がレジャー紫外線なのだ。この紫外線は春頃から出てくる。数値はSPF1~50+まである。またSPFの効果は20分程度の間に何も付けていない素肌と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばすことが出来るかという目安だ。SPF10であれば20分×10=200分抑制してくれるという意味である。数値が高いほど長い時間日焼けを抑制してくれるということになる。

すなわち長時間太陽の光を浴びる時には、数値が高いものを使うべきである。しかし値が高くなるにつれ肌へのダメージは大きいので、少ししか出かけない時は数値が低い日焼け止めをおすすめする。

 

PAとは?

PAはプロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade Of UVA)の略で、主に紫外線Aはについて防止効果を発揮する。PAはPA+〜PA++++の4段階で、+の数が多いほど効果を発揮する。紫外線A波はシワやたるみなどの抗老化を招いてしまう。また紫外線A波は生活紫外線とも呼ばれ、知らず知らずのうちに浴びているものだ。実はこの生活紫外線は年間を通して安定して降り注いでいるため、出来れば年間を通して、日焼け止めは使用して頂きたいものだ。

 

まとめ

いかがでしょうか。

現在は一口に日焼け止めと言っても沢山の種類が販売されており、
まずは自分の肌に合った日焼け止めを見つけることがUVケアでの
第一歩だ。

 

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事