明日のモテるを配信中!

【読モも続々!】‘Don’t Judge Challenge’ がSNSで流行中のワケ

【読モも続々!】‘Don’t Judge Challenge’ がSNSで流行中のワケ

38,925Views 09 July 2015
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【読モも続々!】‘Don’t Judge Challenge’ がSNSで流行中のワケ

インスタグラムやtwitter・vineをはじめとしたSNSで今、急速に広まっている「#DontJudgeChallenge」というハッシュタグ。

ハッシュタグの起源はやや不明ではあるが、ユーザーが容姿のコンプレックスの要因となるニキビやゲジゲジ眉毛等を顔にペイントした「醜い」バージョンから、それらの”欠陥”を自ら取り除き、コンプレックスの下にある”美”を解放するストーリーがひとつのバイラル動画となっている。

海外では、「次のアイスバケツチャレンジ」とまで言われている動画キャンペーンです。

実際に「#DontJudgeChallenge」の一部を見てみましょう。

ドリフのコントに出てきそうな顔芸からのイケメンに変身!

元々は女性から流行したものであり美女バージョンも数多く存在します。

Twitterを眺めていると、すでに日本人にも大流行中!

雑誌やMTRLでも活躍する読者モデルの方々も続々挑戦していました。

平山瞬也(ひらしゅん)くんVer.

木田竜聖くんVer.

THE 774’sGONBEEの木田竜聖くんVer.

鈴木大二朗くんVer.

OCEAN TOKYOの鈴木大二朗くんVer.

バトシンくん中島建くんVer.

XOXのメンバーバトシンくんとヘアカタにも多数出演中の中島建くんVer.

みなさん、ただただイケメンです。

#DontJudgeChallenge」がSNSで流行している理由として、「醜さ」の下に隠された「真の美しさ」の解放というメッセージがあると思います。なにかと容姿にまつわるコンプレックスが多い10代を中心にバイラルしているのも大きな特徴のひとつ。誰にだって変身願望はある。

この動画の中には、「見た目で判断してはいけない!」というメッセージも含まれているように思えます。「醜い」バージョンも「イケメン」バージョンも同一人物、第一印象が必ずしもその人を完全には表現しきれない。そんな隠れた声に共感が集まっているのではないでしょうか。

とはいえ…

“振り幅”を作るためにはイケメン・美女に限るというのも酷な現実。ブスがやってもブスからブスになってしまう。振り幅ゼロ。米国では「実際に容姿にコンプレックスを持つ人たちを嘲笑っているかのようだ」という批判も大きいようです。

アイスバケツチャレンジの時にも感じましたが、流行には賛否両論がつきものなのかもしれませんね。是非、ポテンシャルに自信のある方は「#DontJudgeChallenge」に挑戦してみてください!

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事