明日のモテるを配信中!

「○○君は最高のトモダチ!」何故かいつも友達止まりの特徴

「○○君は最高のトモダチ!」何故かいつも友達止まりの特徴

2,330Views
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何度も2人で食事へ出かけ、徐々にお互いの距離が縮まったかと思い、いざ告白をしようとした時……「○○君って本当最高のトモダチ!」なんて言われたことはありませんか?
それ、あなたは友達止まりの「いい人」認定されてしまったのです。

女性の言う「いい人」というのは結婚向きな男性ではあるけれど恋愛向きの男性ではないということ。

女性は日々刺激的な恋を求めています。結婚には安定を求めるけれど恋愛には刺激を求めていたい。

“結婚向き”と言うと一見いい感じにも聞こえますが、結婚自体がまだまだ程遠いMTRL読者のみなさんにとって”いい人”認定されることは恐ろしいこと。そうならないためにもどのようなそのくくりになって友達止まりになってしまうのか特徴をお教えします。

1:いつでも会える男性

「○○君は最高のトモダチ!」何故かいつも友達止まりの特徴
いつも呼んだらすぐに来てくれる男性。確かにいい人!

けれどいつでも会える男性にレア度はありません。忙しくて普段は会えない彼、いつの間にか彼と会う日が楽しみになっているような人に女性は惹かれるもの。

2:強引さが足りない男性

2人で飲んだ後、この後どうするかの話になりますよね。女性が「明日は早いから今日は帰るね」と言って「そっか! じゃあまたね」なんてのは違う違うちがーう!

いい人かよ! ってなります。ここで女性は「いいじゃん、ちょっとだけ。まだ終電あるでしょ?」なんて少し強引に2件目に誘うような少し強引な男性が好きなんです。

3:オープンな男性

表裏のない、すべて包み隠さずに話してしまうオープンな男性。

表裏のない面ではいい人なんでしょうけれど、女性にとっては面白みのない相手。女性は謎めいたミステリアスの男性が好きなんです。

4:自分の意志のない男性

「○○君は最高のトモダチ!」何故かいつも友達止まりの特徴
女性に合わせてくれているのか、出かけるにもいつも女性の行きたいとこばかりで自分の意志のない男性。

行きたいところに一緒に行ってくれるのはいいですが、毎回それでは女性側の行きたい場所もなくなります。別に会うたびに毎回行きたいところがあるわけでもないですからね。

それよりも、「ここ、新しくできたんだって! 行ってみない?」と提案したほうが喜ばれますよ。

5:いつも腰が低い男性

いつも腰が低い男性は確かにいい人かもしれませんが……。

たまには”俺の”アピールポイントが欲しいもの。ナルシストまでいくと女性ウケは悪いですが、尊敬できる面があるのとないのとではぜんぜん違います。

いつも下から、腰が低すぎる男性に尊敬できる面を探すのは至難の業。

6:頼りがいがありすぎる男性

頼りがいがあるに越したことはないのですが、これでは隙が無さ過ぎるんです。

女性はギャップが好きな生き物。時より見せる弱い部分なんかに母性本能をくすぐられるものです。

7:優しすぎる男性

優しい男性はモテますが、何事もやりすぎはよくなくこれこそ本当にいい人止まり。

優しすぎると女性側も甘えきりになり、結果彼に依存してしまうでしょう。女性も馬鹿ではありません。単に優しすぎる男性なんかより自分を高めあえるパートナーを探しているのです。

8:そもそもタイプではない男性

「○○君は最高のトモダチ!」何故かいつも友達止まりの特徴
最後は、そもそもタイプではない。いい人というよりかは「どうでもいい人」のこと。

これは普段イケメンとよく言われていようとも、その人のタイプでない限り恋愛対象にはならないのです。
顔がいいからって誰にでもチヤホヤされると思ったら大間違いです。

どうでしたか? あなたは以上の「いい人」認定される特徴に当てはまっていませんか?

女性は少し変わった生き物で「いい人」より「悪い人」に惹かれてしまうのです。とほほ。

■ライタープロフィール

「○○君は最高のトモダチ!」何故かいつも友達止まりの特徴


くらら

関西の倉科かな。たまに似ていると言われる「くらら」です。
胸は小さめ。笑顔はエキゾチック。

なぜか上京後、ヒモ気質の男性に魅力を感じるようになり
財布を出させる側から出す側へシフト。

一応、それなりの経験はしているつもりなので、らしく
語っていきます。

てことで、Hay!Say!Jump!の有岡くん、または超特急の
ユーキみたいなヒモ男子を随時募集中です。

■Twitter
https://twitter.com/kurarakochan

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事