明日のモテるを配信中!

【ゲイだけど質問ある?】“ゲイ=女子”って思ったら大間違いなんだからね!

【ゲイだけど質問ある?】“ゲイ=女子”って思ったら大間違いなんだからね!

4,568Views
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たくさんの
足音が
聞こえるけれど
ひとつも君じゃ
なかった渋谷

こんにちは、歌人の鈴掛真です。5・7・5・7・7の短歌の作家です。

先日大阪で、身寄りのない子どもの里親として男性カップルが日本で初めて認められたことが話題に!
みんなはこのニュース、どんなふうに感じたかな?

きっと賛否両論、いろんな意見があると思う。
「ま、別にいいんじゃないの?」とか
「同性カップルに親の役目が本当につとまるの?」とかね。

まだまだリアルに感じられないかもしれないけど、みんなの周りにも、本当は同性愛者だけど嫌われるのが怖くて必死に隠してる人が確実にいるはず。
だから今後は、同性愛者への理解を社会全体で深めることが大切になってくるんだ。

というわけで、連載【ゲイだけど質問ある?】今週もいってみよ~!!

【質問】ゲイって心は女子なんでしょ?

ゲイってことを隠さずに生活していると、初対面の人に
「え〜!ゲイの人に初めて会った!ぜんぜんゲイっぽくないね!!」
ってビックリされることがよくあるんだよね。

はて?
初めて会ったのに「ゲイっぽくない」とな?
それってつまり「イメージと違った」ってことだよね?
みんなのイメージしてる"ゲイっぽい"ってどういうこと?

きっと、テレビでよく見るオネエタレントのイメージが強いんじゃないかな。それから、海外ドラマに出てくるオカマキャラとか。
実際、テレビに出てくるゲイはそういう人がほとんどだしね。

でも、僕自身はオネエ言葉も使わなければ、女装もしない。
自分はまぎれもなく男性であって、女子だと思ったことは一度もないし、女子になりたいと思ったこともないんだよね。
僕のように、性格や振る舞いが普通の男性と変わらない“オネエじゃないゲイ”は、みんなが思うよりもたくさんこの世界に存在しているんだ!

なかには女性になりたいゲイもいるし、肉体の性別と心の性別が一致しなくて大変な苦しみを抱えている人もいる……。
もちろん彼らを否定するつもりは全くないよ!
ただ、性別のあり方は人それぞれ全く違うってことを、みんなには覚えておいてほしいんだ。

ねえ、なんで女子って“みんなで”プレゼント買うの?

とはいえ、女子からすると、異性だけど恋愛対象にならないゲイは安心するのか、女子から悩み相談を受けたり、女子会に誘われることがよくあるんだよね……。
「ゲイだったら女心がわかってくれるでしょ!」ってことなのかな?

悪いけど、女心なんてさっぱりわからん!(笑)
だって僕、男だもん。

確かに、女子と同じように、男を恋愛対象とする立場からのアドバイスはできるかもしれないけど、「同性でもないし恋愛対象でもない女性はゲイにとって最も遠い存在」といっても過言ではないんだ!
どう? 意外だったでしょ?

むしろ、僕がどうしても理解できないって長年思ってる“女子の行動”があるんだけど、なんで女子って“みんなで”プレゼント買うの?

「A子の誕生日プレゼント、みんなでお金出してディズニーチケット買ってあげようよ♪」

え?
なんで“みんなで”なの?
自分で思いついたんなら自分で買えば?
予算オーバー?
なんで自分の予算内で買えるものを選ばないの?
僕なら高価なものじゃなくても自分で選んだものを贈りたいって思うよ?
なんで予算オーバーをみんなの財布でカバーしようと思うの?
お金だけ集められてもぜんぜん思い入れないんだけど?
ねえ、なんで?

ってなことを真顔で言っちゃったら、女子にマジギレされたことがあるよ!!

ね? 男だけど男が好きってことと女心がわかるってことは全く別物だってことが、わかってくれたかな!

質問、お待ちしています!

いかがでしたか?
【ゲイだけど質問ある?】では質問を大募集!ゲイに聞きたいこと、お悩み、なんでもOK。
MTRLTwitterへDM、もしくは下記メールアドレスの☆を@に変えて送ってね。お待ちしています!!
info☆mtrl.tokyo

■プロフィール

【ゲイだけど質問ある?】“ゲイ=女子”って思ったら大間違いなんだからね!
鈴掛真(すずかけ しん)
歌人。セオリーは「ポップスとしての短歌」。
著書に『好きと言えたらよかったのに。』(大和出版刊)がある。
Twitter
HP

 

 

■連載過去アーカイブ

【ゲイだけど質問ある?】そもそも「なんで男なのに男を好きになるの?」って話

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事