明日のモテるを配信中!

【要注意!】彼女の思いが冷める5つの言動!

【要注意!】彼女の思いが冷める5つの言動!

3,299Views 16 January 2016
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【要注意!】彼女の思いが冷める5つの言動!

百年の恋も冷めるときは一瞬です。
付き合った頃はあんなにラブラブだったはずなのに、最近彼女の態度が冷たい。なんてことありませんか? 
大概、こんなことを悩んでいる男子のほとんどは、気持ちのすれ違いやコミュニケーション不足を言い訳にしてしまいがちです。そのくせ、
「なんでこんなに大切にしているのに、大好きなのに気持ちが伝わらないのかなぁ…?」
なんて自分の誤りに気づかず、しまいには振られた、浮気されていた。と女子のせいにすることが多くあります!

そこで、今回は“その発言が覚める要因!”と言われる事例を紹介します。
ギクッとした男子諸君要注意です!

1、自分の話ばかりで彼女の話を聞かない

【要注意!】彼女の思いが冷める5つの言動!
 
よくある自己中心的パターンです。
女子は男子に比べ、会話をすることでストレス発散効果をもたらします。つまり、ある程度女子の話を聞く必要があります。自分の話ばかり、それも相手の興味のない話ばかりしていてはストレスを発散するどころか更に貯めてしまいます。
女子と付き合うということは互いにストレスを感じさせないようにすることも大切です。

2、意見すれば文句ばかり

【要注意!】彼女の思いが冷める5つの言動!

だいたいの男子は「自分に限ってそれはない。」と思い込みがちですが、本当に大丈夫ですか?
例えば、次のデートを決めるとき、彼女が提案した場所に「えぇ~…」なんて気乗りしない返事していませんか? せっかく彼女が提案したのに曖昧な返事や気乗りしない返事はマイナス要素でしかありません。
もし仮に本当に気乗りしないのであれば、別案を出すかどうしたいか自分の意見をきちんと伝えましょう。否定や文句ばかりでは彼女に飽きられてしまうのも仕方ありません。

3、不機嫌になると黙る

【要注意!】彼女の思いが冷める5つの言動!

話し合いや互いの直してほしいところを指摘したとき、それに応じず黙り込んでしまうのも大きなマイナス要素です。せっかく彼女が腹を割って話そうとしているのですから、しっかり応じましょう。きちんと話し合う場合は相手の否定ではなく、きちんと「アドバイス」をすることも忘れずにしておくとよいでしょう!

4、配慮ない言葉を言う

【要注意!】彼女の思いが冷める5つの言動!

親しき仲にも礼儀ありという言葉があるように、恋人になったからといって相手への敬意を忘れてはなりません。傷つくと言葉や気にしていることは男子以上に多くあります。
ついノリで話してしまうこともあるかと思いますが、小さなことも積もり積もってしまうと取り返しのつかないことにもなるでしょう。

5、愛情はきちんと伝える

【要注意!】彼女の思いが冷める5つの言動!

人間、相手のことを100%理解することなんてできません。きちんと愛情伝えられていますか? 言葉や態度に出さないと、それが相手にも伝わっているかは分かりません。もしかするとまったく伝わっていないかもしれません。
恥ずかしくてもたまには相手への感謝や自分の気持ち、愛情を伝えるようにしましょう。

まとめ

自分に限ってそれはない! なんて慢心は彼女との距離感を見誤る要素です。
最近なんだか関係ギクシャクしていると感じたら要注意。この機会に彼女への態度、自身の言動を見直してみてはいかがですか?

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事